*

油は細胞レベルまで影響を体に良いオイルを摂ろう

公開日: : 健康と美容 ,

オイルは、飽和脂肪酸、オメガ3、オメガ6、オメガ9と

大きく4つに分けられます。

このオイルをバランスよく摂取することが大切です。

摂取を避けたほうがいいオイルは、

酸化した油と加工食品に含まれてるトランス脂肪酸。

オイルは体にとって、必要不可欠な栄養素だから、

摂取量と4つのオイルのバランスに注意することで健康な体へと導いてくれるのです。

スポンサードリンク

油には、「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」の3種類がある

料理に使う油には、大きく2つに分けると、

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸にわけることができます。

飽和脂肪酸とは、バターや肉類、乳製品に含まれているもので、

常温では固まりの状態、酸化しづらいという特性があります。

取りすぎると、脂質が脂肪となり、悪玉コレステロースが増えてしまいます。

不飽和脂肪酸は、常温では液体の状態で、酸化しやすいという特性があります。

さらに不飽和脂肪酸は、「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」の

3種類に分けられるのです。

食用油、飽和脂肪酸とオメガ3、オメガ6、オメガ9という

4つの脂肪酸にわけられ、この4つの油をバランスよく摂取することが大事なのです。

オメガ3とは、エゴマ油、亜麻仁油、グリーンナッツオイル、

チアシードオイルなどがあります。

オメガ3は、αリノレン酸が主成分で、体では作られないものです。

体内に入ると、DHAやEPAといった魚の油に多く含まれている成分になります。

DHAは、血液をサラサラにしたり、脳をつくる成分でもあるので、

認知症の低減や学習能力の向上にいいといわれています。

その他にも、動脈硬化といった生活習慣病予防に、

ガンの抑制やアレルギー症状の緩和など体に良い効果が多いといわれています。

オメガ6は、サラダ油、大豆油、グレープシードオイル、ヘンプオイル、

紅花油などがあります。

オメガ6は、主な脂肪酸はリノール酸で、オメガ3と同じように、

体内でつくられないのものです。酸化しやすく、加熱に弱いです。

リノール酸は、血圧を下げる、皮膚の保湿、

子供の成長を促すといった効果があります。

オメガ9は、オリーブオイル、アボカドオイル、アーモンドオイルなどがあります。

主成分がオレイン酸なので、熱にも強く酸化しにくオイルです。

スポンサードリンク

活性酸素の抑制や、血液をサラサラにしたり、コレステロール値の減少、

便秘解消、といった効果が期待できるのです。

 

体にいい油との上手な付き合い方


大きくわけて4つの油の種類がありますが、バランスよく摂取することで、

体によい働きをしてくれるのです。

でも油の中でも体に悪い働きをする油もあるのです。

それは酸化した油とトランス酸脂肪、そしてオメガ6に含まれている

リノール酸です。リノール酸は体にいい働きをしてくれますが、

過剰摂取をしてしまうと体に悪い影響を与えてしまうのです。

酸化した油とは、空気や光、熱によって酸化してしまった油のことです。

トランス酸は、マーガリンやカップラーメン、スナック菓子といった

加工食品に含まれています。

酸化した油は、体の中に入ると、活性酸素を吸収して

過酸化脂質という物質を作り出すのです。

この過酸化脂質が細胞の膜に入りみ細胞を傷つけていくのです。

トランス脂肪酸は、細胞膜に入り込み、オメガ3の体にとって

いい働きを阻害していくことで、細胞をどんどん弱くしてしまいます。

さらに脂肪として蓄積されてしまうので、メタボになる原因にもなります。

リノール酸が含まれているサラダ油は、

加熱したときにヒドロキシノネナールという

脳細胞を壊してしまうような神経毒が発生するといわれています。

脂肪は体にとって大事な栄養素なので、必要な分は摂取しないといけません。

料理するときは、オメガ6のサラダ油やエゴマ油は、

加熱に弱いので加熱料理には使うのを避けるとか、

オリーブオイルといった加熱に強いオメガ9のオイルを加熱料理に

積極的に使うようにしましょう。

そしてオメガ3のオイルは不足がちなので、

サラダドレッシングに使うなど油をわけて料理するといいでしょう。

 

またバターやラード、肉類の脂は取りすぎはよくないですが、

コレステロールや脂肪を増やす働きがあります。

コレステロールや脂肪は必要な分がないと体が弱ってしまうのです。

トランス脂肪酸は、加工食品や外食の脂に含まれていることが多いので、

食べる量を減らすなど、なるべく摂取しないようにしましょう。

 

最後に

体にいい働きをするオイルでも、摂取のしすぎは、

どのオイルでもよくありません。

バランスよくオイルを使い分けて料理をすることで、

オイルの効果を得られるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

no image

ケト+ケーブマンダイエットのやり方と効果〜お腹一杯食べても大丈夫なの

アメリカの科学者ローレンが勧める ケーブマンダイエットは、ケトダイエットと同様で、 基本的に両方とも

記事を読む

no image

5:2ダイエットって何?効果はあるの?

この5:2ダイエットは 簡単なのに効果大だと好評で、 アメリカのハリウッド業界やテレビ業界で、 あっ

記事を読む

no image

ミニトランポリンのエクササイズでダイエット効果

ランニングや激しい運動の エクササイズをするよりも、 腰や関節に優しいエクササイズを 無理なく続けて

記事を読む

no image

目的によって選べる!?白内障レンズで得られる「新しい目」とは

白内障の手術では、濁った水晶体を取り除き、 その代わりに「眼内レンズ」を入れることになります。

記事を読む

no image

ボクササイズの勧め〜無理のない全身運動でダイエット

ボクササイズ(ボクシング+エクササイズ)を、 殴り合いのエクササイズと思っていませんか。 全く違う

記事を読む

no image

スイカダイエットって本当に効果があるの?

子供の頃、夏休みに海水浴場などで、 スイカを食べるの楽しみじゃなかったですか? 暑く火照った身体と

記事を読む

no image

温めるだけ!?鼻の調子を良くするための意外な方法とは!

なんだか鼻の調子が悪く、体調まで悪くなってきた。 鼻の調子を良くしたり、 整えたりするために

記事を読む

no image

8時間ダイエットの効果とやり方~お菓子は食べてOKなの?

「まったく食べないダイエットはつらいからいやだなー」 「最近胃もたれがつらいけれど、 ストレスで食べ

記事を読む

no image

肌断食のやり方と効果〜肌のリセット

ダイエットの断食は聞いた事がありますが、 「肌断食」って一体何?と言う感じでした。 普通の断食が体

記事を読む

no image

朝レモン水の効果〜ダイエットや便秘にも期待が出来る

「便秘でつらい」とか 「楽なダイエットがしたいわ」なんて人には、 この朝レモン水が最適です。 朝起

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これでわかる!漢方医学 第二回 ~西洋医学と東洋医学・漢方医学の違い~

第二回目の今回は、漢方医学の「西洋医学と東洋医学・漢方医学の違

これでわかる!漢方医学 第一回 ~漢方医学の歴史~

「漢方医学」についてわかりやすく解説をしていきたいと思います。

no image
犬のダイエット〜深刻なペットの肥満問題

現代社会でペットの肥満は 人間と同様、深刻な問題。 うちの子達、ビー

no image
エッセンシャルオイルの使い方や効能〜レモンオイル編

レモンが私達の身体に良い事は 皆さんもご存知だと思いますが、 なんとレ

no image
エッセンシャルオイルの使い方と効能〜ペパーミントオイル編

ガムや歯磨き粉でお馴染みの ペパーミントですが、 スペアミントとウオー

→もっと見る

    PAGE TOP ↑