肌トラブル続出?50代からのコスメ選びに重要なのはコレ!

スキンケア

若い頃は何もしなくても
何とかなっていたシワやシミも、
50代ともなればホルモンバランスが崩れ始め
いろいろな肌トラブルを引き起こします。

女性は、閉経を迎え更年期になると、
女性ホルモンが今までに比べ大幅に減少し、
肌のツヤやハリが失われていきます。

ですが、芸能人やモデルさんのように
若い時からきっちりとケアをしていた人は
いくつになってもキレイな肌をお持ちですよね。

若いうちからのケアと、
年齢にあったコスメ選びによって、
いくつになっても若々しい肌を保つことは可能です。

今回は、50代から使いたいコスメについて
ご紹介していきます。

保湿に効果的なプロテオグリカン

 

 

とにかく、保湿です。

50代になると、20代に比べ肌が持つ水分量が
半分になると言われています。

この無くなった水分を補うために
セラミド配合のコスメを試してみましょう。

よく聞くセラミドですが、
肌の奥に浸透しやすく
簡単に水分補給が出来る
と人気です。

また、プロテオグリカンという成分が最近流行っており、
これは皮膚や骨など全身に存在する成分なのですが、
細胞をつなぎ、水分を蓄える働きを持っています。

最近までは、技術が追いついておらず、
1gあたり3000万円だったのですが、
近年では、低コストでの抽出が成功したので、
安価で手に入るようになったようですね。

プロテオグリカンが持つ効果は、
保湿美肌、そしてアンチエイジングなど
いろいろな効果があるので、
セラミド同様50代になってから
積極的に摂取していきたいですね。

 

「お肌界の漂白剤」ハイドロノン

 

 

若い頃からあまりケアをしてこなかった方は、
これまでに浴びた紫外線が
シミくすみに変化していると思います。

50代は、そんなことも考慮して
美白成分が配合されている
コスメを使用していきたいですね。

美白効果で、最近注目されているのは
ハイドロノンという成分です。

別名で「お肌界の漂白剤」とも呼ばれており、
シミの原因であるメラニン色素を抑制し、
メラニン色素を作るメラノサイトも減少
します。

 

アンチエイジング効果のフラーレン、レチノール

 

 

保湿やシミときたら最後は
アンチエイジングです。

肌の若さは、実年齢も若く見せるので
重要になってきますよね。

アンチエイジング効果と言えば、
数年前に話題になったプラセンタなどですが、
実はフラーレンレチノール
という成分の方がオススメです。

簡単に説明すると、
フラーレンはビタミンCの100倍以上の抗酸化作用
コラーゲン生成を促す効果ではプラセンタの約800倍
とも言われています。

先ほどご紹介したセラミドとの相性も良いので、
両方が入ったコスメを選ぶと
ちょっとお得かもしれませんね。

レチノールは、角質の水分量を増やすので、
ターンオーバーを促進
します。

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?
このように、昔はあまり注目されなかったものでも
科学の進歩によって
いろいろな効果が発見されています。

50代からでも遅くないコスメ選びで、
同世代の周りの方々に
差をつけてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました