美しい髪は健康な頭皮から。頭皮のSOSにいち早く気づく方法

髪に何らかのトラブルを抱えているという人は、その土台となる頭皮に問題があるのかもしれません。抜け毛が増えた、髪の毛が細くなった、白髪が多くなったなど髪のトラブルがある人は、一度頭皮状態を見直してみましょう。

肌質から頭皮タイプを判定

頭皮タイプによって、ヘアケアの方法も違ってきます。しかし、頭皮は自分の目で直接見ることができません。ではどのように判断すればいいでしょう。そのヒントは肌のタイプです。肌は皮脂を分泌させて潤いを保っていますが、これは頭皮も同じです。頭皮から分泌される皮脂によって、髪をコーティングして乾燥や外部からの刺激から守っています。そう考えると、肌の状態と髪の状態は共通していると考えられます。

オイリー肌の人の髪の毛は・・・?

オイリー肌の人の髪の毛は皮脂が多く、べたつきやすい。乾燥肌の人の髪の毛は皮脂が少なく、パサつきやすい。このように分けることができます。なお、皮脂は髪の「しっとり感」に関係してきます。頭皮で分泌された皮脂で髪の毛がコーティングされることでつやが出てくるわけですが、皮脂が分泌されてから髪全体にいきわたるまでにはある程度の時間がかかります。そのため、現代人のように毎日シャンプーをしている場合、皮脂が分泌されてもすぐに洗い落としてしまうため、保湿ができない状態になってしまいます。そこでアシストしてくれるのがヘアケア製品です。リンスやコンディショナーなどには油分が多く含まれているため、足りなくなった皮脂を補ってくれます。しかし、もともとオイリー肌の人は、髪の毛がベタついてしまうので、油分の少ない「さらさらタイプ」を選ぶようにしましょう。

頭皮の健康状態をチェックしてみる

あなたの頭皮の色はどのような色ですか?子供の頭皮を見るとよくわかりますが、健康な頭皮の色は「青白い」のです。もし赤みがかかっていたり、クリーム色っぽい色をしていた場合、何らかのトラブルを抱えている可能性があります。頭皮の色だけでなく、頭皮の状態にもチェックが必要です。「かゆみ」「フケ」「ベタつき」の3つをチェックしてみてください。ただし、これらの症状があったとしても軽度であれば、すぐに改善できます。たとえば頭皮が乾燥しているとフケが出やすくなり、かゆみを伴うこともあります。こうした時には、リンスやコンディショナーなどを使って、油分を補給してやれば症状も治まります。逆に頭皮がベタついている人は、シャンプー剤を「さらさらタイプ」に変えたり、あえてリンスなどを使わないようにしましょう。

大量の抜け毛は重大な病気のサインかも

髪は新陳代謝によって抜け替わるものです。生活習慣やホルモンバランスが崩れることで、一時的に抜け毛が多くなるということもありますが、急に大量に抜けてしまうときには、頭皮の病気を疑いましょう。大量の抜け毛で、最も代表的な病気は「円形脱毛症」です。その他にも極度のダイエット、また過度の皮脂の分泌によって、皮膚にいる菌が大量繁殖してしまい起こる「脂漏性皮膚炎」など病院で治療が必要なものもあります。

タイトルとURLをコピーしました