運動後の筋肉痛を防ぎたい!筋肉痛にならないために運動後に行う3つの方法

体づくり

「久しぶりに運動をしたから筋肉が痛い…」

久しぶりに体を動かすと多くの人は「筋肉痛」になり、

次の日もしくは2日後には動きたくない程に痛みが出てくるでしょう。

確かに筋肉痛は運動不足も1つの要因ですが、

実は運動後に幾つか行うことで筋肉痛を緩和する事ができるのです!

本日、運動後に行う3つの方法を紹介していきます。

運動後に筋肉をほぐしましょう!

その日の運動をした直後には、筋肉をほぐす必要があります。

例えば、軽いジョギングやウォーキングでも大丈夫です。

「運動後になんで筋肉をほぐすの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

その理由として、運動後の筋肉は硬直しており

血液循環が悪くなっているのです!

運動後は筋肉が鍛えられますので少なからず損傷しています。

そこへ血液を通して修復しようとする部隊が出動したくても

「血管が狭くて通れない!」と言う自体に発展するのです!

結果、修復できない筋肉は損傷したままですので、

翌日の筋肉痛に繋がるのです。

軽い運動でなくてもストレッチを行い筋肉をほぐすだけでも

違いますので是非とも取り入れましょう!

 

運動後はお風呂に入りましょう!

運動後は皆さん同じだと思いますが、シャワーやお風呂に入りますよね?

できるのであれば「お風呂」をオススメします。

先ほど紹介したとおり、

筋肉痛が生じるのは血液循環が悪くなっている事が原因です。

シャワーも体を暖めはしますが、

一時的ですので血液循環はそこまで良くなりません。

一方、お風呂の場合は、全身をゆっくりと暖めていき

尚且つ浴槽内で筋肉のマッサージもできます。

なのでシャワーよりも筋肉疲労を解消できるのです!

とは言え、熱いお湯ではなく37~40℃程度のお湯で

じっくりと浸かるようにしましょう。

 

オレンジジュースでも良いので運動後30分以内に摂取しましょう!

運動後の筋肉痛を予防するには栄養摂取も重要です。

できるのであれば運動後30分以内にタンパク質や

アミノ酸等の栄養を摂取する事が良いでしょう。

しかし全員が全員、30分以内に効率よく栄養を摂取するのは難しいです!

そこでオススメなのがオレンジジュースです!

オレンジジュースには疲労を軽減する「クエン酸」、

運動後に必要な「糖分」を効率よく摂取できるのです!

すると筋肉に十分とは言えませんが、疲労を軽減する栄養が届きます!

一番良いのはプロテインですが、

用意できない場合はオレンジジュースでカバーしましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

運動後に上記の3つを行う事で筋肉痛を緩和する事ができるのです。

もし運動後の筋肉痛が気になる人がいましたら是非とも行ってみましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました