やせメタボを脱しよう!やせマッチョになるための方法

ダンベルトレーニング画像 体づくり

やせメタボ という言葉を聞いてドキリとしました。
それ、自分のことだと。

脂質異常で健康診断にひっかかり、
「痩せてるね」といつも言われるけれど実はおなかが出ている。

「やせメタボ」を改善してやせマッチョになるためには
何をすればいいのでしょうか。

やせメタボの特徴

通常、いわゆる「メタボ」かどうかは、通常BMIの値で定まります。

やせメタボは、BIM値では肥満とならなくても、
高血圧、脂質異常、血糖値が高めといういずれかにあてはまる場合には、
内臓脂肪が多い傾向があり、体力が低下している傾向も。

ちなみに、異所脂肪という本来は脂肪がついていないはずの
筋肉や膵臓に脂肪がつくことがあり、
この脂肪は体に良くないことが分かっています。
血管や内臓に負荷がかかってしまうようです。

他にも、
[su_note note_color=”#d1ff66″]・やせすぎている方が太っている人よりも死亡率が高い
・がん死亡のリスクが高い
・血管系の病気の割合も高い
・免疫力が低い[/su_note]
といったことも判明しています。
では、こんな状況から脱出するためには何をすればいいのでしょうか。

やせメタボを解消するには?

内臓脂肪や異所脂肪といった余分な脂肪を減らす。

コツコツと健康を築き上げることが大事です。

[su_note note_color=”#d1ff66″]運動不足の人はウォーキングなりなんでもいいので体を動かす。
暴飲暴食しない
動物性脂肪を摂りすぎない
バランスの取れた食事にする。[/su_note]
もう何度も言われ続けてきていますよね。。

心の中では自覚していたけれどなかなか実践できていなくって、
今回の「やせメタボ」という言葉にドキリとしたあなた。

そのドキリがコツコツと健康を積み上げていく
いいきっかけだと思います。

やせマッチョになるためには?

以前、パーソナルトレーナーの方に教わった筋肉をつける方法です。

ポイントは、
筋トレ! & 食事の質と量を変える です。

効率的な筋トレ

やはり体を動かすことは大事。
少しずつ取り組んでいくのがいいのですが、
続けることが難しければ、ジムやパーソナルトレーナーに
依頼するのがいいと思います。

お金はかかりますが、一人で続けるのは難しいようでしたら、
短期間でもうまく活用していきましょう。

食事の質と量を考える

よく言われることですが、栄養バランスが偏らないように考えて食べましょう。
あと、プロテインをうまく摂ると大豆からたんぱく質を摂取できて健康的です。

私はプロテインはボディービルダーのような
本物マッチョな人が飲むものだと思っていたのですが、
そんなことなくって、とても健康的なドリンクだとわかったので、
トレーナーの人に勧められて、朝質のいいプロテインを
朝食代わりに飲むようにしています。

タイトルとURLをコピーしました