*

ボクササイズの勧め〜無理のない全身運動でダイエット

ボクササイズ(ボクシング+エクササイズ)を、
殴り合いのエクササイズと思っていませんか。

全く違うどころか、全身運動のボクササイズは
全く危険なエクササイズではなく、
エアロビックス、筋トレ、
そして自己防衛のトレーニングを
一度に出来る優れたエクササイズで、
最高のダイエット
と言えるでしょう。

それに無理にジャンプをしたり、
走ったりしないので、
関節への負担を極力避けて、
エクササイズが出来ます

そしてパンチやキックで、スカっと出来る、
ストレス解消にもうってつけのエクササイズなのです。

スポンサードリンク

ボクササイズとはどんなトレーニング?どこを強化するの?

 

■腕の筋力トレーニング〜重いウエイトを持ち上げなくても大丈夫

ボクササイズではジャブ、クロス、フック、
アッパーカットを繰り返しトレーニングします。

その動作により、両腕の筋力トレーニングになります
そうです、ウエイトを持ち上げる必要なし

そして人間は、アゴにパンチを受けると失神するので、
顔やアゴをいつも両腕を上げて
ガードしておく動作もあり、
自然と自己防衛を学べ、
両腕の筋力アップにも役立ちます

 

■下半身の筋力トレーニング〜走るのは苦手?

ボクササイズでは膝蹴りやキック
頻繁にトレーニングします。
走る必要はありません。

このキックの動作で、
両足、下半身の筋力強化につながります

 

■バランスの強化〜退屈な動きは嫌だなあ

キックをする時は、片足になるわけですから
バランスを保ちながら、
キックしないといけません。

そのため自然に、バランス感覚が鍛えられるのです。
退屈な片足立ちの訓練を、
繰り返す必要はありません

 

■腹筋の強化〜クランチ嫌いなんだけど

つらい腹筋を何回もする必要もありません

ジャブ、クロス、フック、アッパーカットする時、
思ったよりも上体を捻り腹筋を使って
パンチをします。
この動作から、わき腹や腹筋を鍛える事になります

そして膝蹴りやキックをする時に
バランスを取る動作も、
腹筋が強くなければ出来ません。

ですので自然と腹筋が強くなり、
細いウエストが得られる
のです。

スポンサードリンク

 

ボクササイズの効果~エアロビックス効果でダイエット

 

ボクササイズではほとんど静止をしません。
相手のパンチやキックを素早く阻止する為に、
前後バウンスやシャッフルなどを、
常にパンチとキックの合間に
組み合わせて行うエクササイズ
です。

その為フルにエアロビックス運動が出来るのです。

ジョギング1時間で約400キロカロリーを消費し、
ランニング1時間で約600キロカロリー消費に対し、
ボクササイズは1時間で、
約800〜1000キロカロリーも消費出来ると言われています。

40代の女性で、ランニングのエクササイズから
ボクササイズに変えただけで、
月5kgの減量が出来たとか

 

■精神統一〜ヨガはしたくないなあ

ボクササイズでは相手から
パンチを受けないように集中し、
自己防衛をするための動きをする為、
精神統一が出来るエクササイズです。

正座をして、ヨガのように
静かに精神統一する必要はないのです。

 

■ストレス解消〜うっぷんばらしにもなる

何より汗だくになるのは楽しい事です。

そしてパンチやキックのトレーニングは
実際行動するのは無理だとしても、
日頃たまっている不満やうっぷんを考えながら、
パンチしているととても気持ちよく
スカッとした気分になります

時にはパンチする時に、
「ヤー」と大声で気合いを入れたりして、
腹筋を使ったり、肺活量を鍛えたり出来るのです。

 

■心臓強化〜息切れしそう

この有酸素運動は、
カーディオエクササイズと呼ばれ、
心拍数を上げてエクササイズする事から、
心臓と肺を鍛えるトレーニングと言われています。

走っている時のような苦しい息切れは、
全くありません。

 

まとめ

ボクシングと聞くと”殴り合って危ない”
と思われがちですが、
エクササイズとして考えられたボクササイズは、
とても安全で護身術も学べ、
最高の減量対策
といえます。

ランニングや縄跳びなど
関節に負担がかかるエアロビックスよりも、
ずっとカロリー消費が得られ
身体への負担が少ない
ボクササイズは、
一石二鳥のエクササイズといえます。

そして何より心臓と肺を強化するわけですから、
身体全体の健康につながるのです。

ボクシンググローブも何も必要ありません。
今すぐ自宅で始められます。

この気分爽快になるボクササイズダイエット、
あなたもきっと病みつきになる事でしょう。

 

スポンサードリンク

関連記事

no image

40~50代でも筋肉は太くなるの?筋肉を維持できる理由と必要な栄養素は何か

40~50代になりますと、多くは中年太りに陥りよく言われる 「メタボリック」な体系になる人が増

記事を読む

no image

年齢と体型の変化には深い関係があった。あなたの体型年齢は何歳ですか?

年齢と体型の変化にはどのような関係があるの?10代後半、成長ホルモンの分泌が落ち着き、バスト、ヒップ

記事を読む

no image

アミノ酸サプリ×運動で体スッキリサポート!

健康的に痩せたいけど、毎日仕事でご飯を作る時間がない… もしくは料理を食べるのは好きだけど作る

記事を読む

お姉さん

老化の症状!この3つが現れたら始まりかも!?

「人は、20歳を過ぎたあたりからは少しずつ老化が始まっていく」 と聞いたことがあります。

記事を読む

no image

朝レモン水の効果〜ダイエットや便秘にも期待が出来る

「便秘でつらい」とか 「楽なダイエットがしたいわ」なんて人には、 この朝レモン水が最適です。 朝起

記事を読む

no image

一日中エアコンをつけたらどうなるの?

一日中エアコンつけたら電気代はものすごいことになる?と思ってませんか。 実際は、あまり電気代、

記事を読む

no image

今流行りのブラジルナッツ。その注目すべき栄養価をご存知ですか?

ブラジルナッツをご存知ですか? ブラジルやペルーなどで取れる、実の大きなナッツでマカデミアナッツに似

記事を読む

no image

油は細胞レベルまで影響を体に良いオイルを摂ろう

オイルは、飽和脂肪酸、オメガ3、オメガ6、オメガ9と 大きく4つに分けられます。

記事を読む

no image

5:2ダイエットって何?効果はあるの?

この5:2ダイエットは 簡単なのに効果大だと好評で、 アメリカのハリウッド業界やテレビ業界で、 あっ

記事を読む

no image

冬太りからの薄着の季節…、憂鬱なお腹周りを改善してスッキリ体型を目指そう!

これからの季節、気温や湿度が徐々に上がり 身に着けている衣服が軽くなりますよね。 そうなって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これでわかる!漢方医学 第二回 ~西洋医学と東洋医学・漢方医学の違い~

第二回目の今回は、漢方医学の「西洋医学と東洋医学・漢方医学の違

これでわかる!漢方医学 第一回 ~漢方医学の歴史~

「漢方医学」についてわかりやすく解説をしていきたいと思います。

no image
犬のダイエット〜深刻なペットの肥満問題

現代社会でペットの肥満は 人間と同様、深刻な問題。 うちの子達、ビー

no image
エッセンシャルオイルの使い方や効能〜レモンオイル編

レモンが私達の身体に良い事は 皆さんもご存知だと思いますが、 なんとレ

no image
エッセンシャルオイルの使い方と効能〜ペパーミントオイル編

ガムや歯磨き粉でお馴染みの ペパーミントですが、 スペアミントとウオー

→もっと見る

PAGE TOP ↑