*

肥満にも種類があるって知ってた?各肥満型の特徴と原因とは

肥満体系について、実は一括りに「肥満」とは言わず人によって肥満の種類が異なるのを知っていましたか?例えば「皮下脂肪」による肥満と「内臓脂肪」による肥満等です。とは言え、この2つの肥満はいったい何が違うのでしょうか?そこで本日は上記で紹介した肥満型の特徴と原因について紹介していきます!

スポンサードリンク

■1:皮下脂肪による肥満

皮下脂肪による肥満は別名「洋ナシ型肥満」と呼ばれる肥満です。脂肪が蓄積されるのは主に皮下組織になりますので、お腹・太もも・お尻・ふくらはぎに多く溜まります。すると下半身が徐々に丸みを帯びていき、皆様が見慣れている「肥満体系」になるのです。皮下脂肪が溜まる原因はカロリー(脂肪分)の取り過ぎです。脂肪は適量であれば体内で燃焼され、それぞれの部位に運ばれ活動源になります。しかし余分な脂肪を摂取していきますと、体内からは「これ以上必要ないよ!」と脂肪の分解をストップされてしまいます。すると脂肪を運ぶ細胞が「余った脂肪はいつか使うだろう」と判断して、溜め込みやすい皮下組織に溜め込んでしまうのです。皮下組織にある脂肪を減らすには運動を行い脂肪を燃焼させるしかありません。確かに食事制限も必要ですが、無理な食事制限はストレスの原因になりますのでオススメはできません。

スポンサードリンク

■2:非常に厄介な内臓脂肪による肥満

ではもう1つの内臓脂肪を見ていきましょう。

内臓脂肪による肥満は皮下組織ではなく小腸や大腸等の臓器に脂肪が溜まってしまう肥満です。皮下脂肪のようにお腹が出ている人もいれば、見た目は普通で内臓に脂肪が溜まっている隠れ肥満の方々もいます。ただ皮下脂肪と違う点は、男性に多い肥満体系で燃焼しやすい特徴を持っています。

しかし野放しにすると非常に厄介な事になります。

理由として悪性物質が大量に分泌されるからです。「TNF-α」は糖尿病の原因になる成分で、インスリンの働きを妨害して血糖値を上げてしまいます。そこへやってくるのが「アンジオテンシノーゲン」「PAI-1」です。前者は体内で血圧を上昇させ、後者は血栓を作り出し動脈硬化を引き起こす原因になるのです!そうなるとサラリーマンに多い「生活習慣病」になる危険性がありますので運動を取り入れて燃焼したいものです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?肥満と言っても1つではなく上記のように2種類に分かれており、それぞれ肥満の特徴や原因は異なります。皮下脂肪はじっくりと取り組んで脂肪を燃焼させる必要がありますが、健康を考えて必ずダイエットを心がけるようにしましょう!

スポンサードリンク

関連記事

no image

ボクササイズの勧め〜無理のない全身運動でダイエット

ボクササイズ(ボクシング+エクササイズ)を、 殴り合いのエクササイズと思っていませんか。 全く違う

記事を読む

no image

年齢と体型の変化には深い関係があった。あなたの体型年齢は何歳ですか?

年齢と体型の変化にはどのような関係があるの?10代後半、成長ホルモンの分泌が落ち着き、バスト、ヒップ

記事を読む

no image

肌断食のやり方と効果〜肌のリセット

ダイエットの断食は聞いた事がありますが、 「肌断食」って一体何?と言う感じでした。 普通の断食が体

記事を読む

no image

毎日の継続がポイント!ぽっこりお腹改善、お手軽簡単骨盤枕

美しいプロポーションを作るためには、無駄な肉のないきゅっと引き締まったお腹でいることが大切です。 ど

記事を読む

no image

下半身デブは、骨盤の歪みが原因かもしれません

ダイエットしても、下半身だけ痩せない。 筋トレしても、何をしても痩せない人は、骨盤がゆがんでいる

記事を読む

no image

背中のつまめるお肉を解消!しつこい背中のお肉は肩甲骨体操で撃退!

薄着の季節になると目立つ背中のハミ肉、 気になっている方も多いのではないでしょうか? 自分で

記事を読む

no image

40~50代でも筋肉は太くなるの?筋肉を維持できる理由と必要な栄養素は何か

40~50代になりますと、多くは中年太りに陥りよく言われる 「メタボリック」な体系になる人が増

記事を読む

no image

50代筋トレ〜女性編〜アメリカで有名なトレーナー、ジリアン・マイケル

女性は50代の更年期になると、 筋肉と骨の成分が急激に少なくなるそうです。 筋肉があればあるほどメ

記事を読む

no image

立って仕事が大ブーム!

今、長時間座りっぱなしでいることの危険性が広く認識され、 立って仕事をする人が増えているとされ

記事を読む

no image

日常生活で腰痛を出さない方法

腰痛や坐骨神経痛が起こる場合、整形外科で治療を行いますが、治療と同時に日常生活での自己管理も非常に重

記事を読む

これでわかる!漢方医学 第二回 ~西洋医学と東洋医学・漢方医学の違い~

第二回目の今回は、漢方医学の「西洋医学と東洋医学・漢方医学の違

これでわかる!漢方医学 第一回 ~漢方医学の歴史~

「漢方医学」についてわかりやすく解説をしていきたいと思います。

no image
犬のダイエット〜深刻なペットの肥満問題

現代社会でペットの肥満は 人間と同様、深刻な問題。 うちの子達、ビー

no image
エッセンシャルオイルの使い方や効能〜レモンオイル編

レモンが私達の身体に良い事は 皆さんもご存知だと思いますが、 なんとレ

no image
エッセンシャルオイルの使い方と効能〜ペパーミントオイル編

ガムや歯磨き粉でお馴染みの ペパーミントですが、 スペアミントとウオー

→もっと見る

PAGE TOP ↑