*

毎日の継続がポイント!ぽっこりお腹改善、お手軽簡単骨盤枕

美しいプロポーションを作るためには、無駄な肉のないきゅっと引き締まったお腹でいることが大切です。 どんなに全体が細身でも、ぽっこりとお腹が出ていたらそれだけで台無しになってしまいます。 ぽっこりお腹だと体の線が出るような服が着られず、オシャレも楽しむことができません。 中年に多いと思われがちなこの体型ですが、意外と若い年代にも増えているといいます。 ぽっこりお腹の原因は、何も肥満だけではありません。 むしろ全身で見たら決して太っていないのに、お腹だけプヨプヨというケースが少なくないのです。

スポンサードリンク

パソコンやスマホのあの・・・

電車の中や会社などで、前かがみになってスマホやパソコンを操作している人を見かけたことはありませんか?今や現代人の生活は、スマホやパソコンと切り離せないものになってきています。家でも仕事場でも移動中でも何かしらの電子機器を弄っているという人も少なくないでしょう。これらを操作するとき、人は特に前傾姿勢になりやすいといわれています。知らず知らずのうちに前かがみの姿勢でいる時間が長く続くと、だんだんと骨盤が開いてきてしまいます。すると内臓が本来あるべき位置より下に下がり、下っ腹がぽっこりと出てしまうことになります。これは見た目が悪いだけでなく体の代謝を下げることにもなり、太りやすく痩せにくい体質になる恐れがあります。

治すためには・・・?

これを治すためには、まず骨盤の開きを矯正する必要があります。 整体など専門家に診てもらい治療を受けるというのももちろん良いのですが、もっと手軽に家で矯正をすることも可能です。 それは、骨盤枕による矯正法です。必要なものは、バスタオル二枚とひもだけです。ひもは布製でもビニールのものでもOKです。バスタオル二枚を広げて重ね、くるくると端から巻いていきます。できるだけきつめにしっかりと巻きましょう。一本の棒のようになったら、ひもでぐるぐると縛って完成です。

骨盤枕の使い方

?仰向けに寝て、腰の下にくるように枕を置く。 ?脚は肩幅程度に開いて、両足の親指同士をくっつけて足がハの字になるようにする。 ?両手はバンザイするように伸ばして手のひらは床に向ける。 ?手のひらは床に向けたまま、両手の小指同士をくっつける。 ?お腹をへこませ、鼻呼吸をゆっくりとしながら五分間キープする。 これを毎日続けるだけで、骨盤の開きが矯正され内臓の位置も正しくなります。ぽっこりと膨らんでいたお腹もへこみ、スマート体型になることができます。ただし一度へこんだからと言ってやめてしまうと元に戻ってしまうので、毎日の継続がポイントです。バスタオルだけで作れるので、ぽっこりお腹あが気になる方は是非お試しください。

スポンサードリンク

関連記事

no image

ぎっくり腰になったらしてはいけない処置と痛みの正体とは!?

突然やってくる恐怖のぎっくり腰、これは実は病名ではありません。 しかも、原因は1つではなく、捻

記事を読む

no image

肥満にも種類があるって知ってた?各肥満型の特徴と原因とは

肥満体系について、実は一括りに「肥満」とは言わず人によって肥満の種類が異なるのを知っていましたか?例

記事を読む

no image

立ち姿がきれいに見える秘訣は足首のくびれだった!ながら体操で美しいくびれを手に入れよう!

ヒールやサンダルを履いた女性の足首には割と目線が行きやすいものです。そして、キュッと締まった足首の女

記事を読む

no image

なつかしのアノ健康食品が「コンブチャ」になって日本再上陸!

アメリカで今一番売れている健康食品「kombucha(コンブチャ)」。 スーパーモデルのミラン

記事を読む

フリーラジカル

フリーラジカルとは?の大雑把だけどわかりやすい説明!

「フリーラジカルがたくさん体内で発生すると健康によくないらしい」ということを何となく知っている方は多

記事を読む

no image

アミノ酸サプリ×運動で体スッキリサポート!

健康的に痩せたいけど、毎日仕事でご飯を作る時間がない… もしくは料理を食べるのは好きだけど作る

記事を読む

no image

目からウロコ!筋肉の性質を知って、運動後の筋肉痛を軽減させよう!

普段重いものを持たないのに、部屋の模様替えをした。普段運動をしないのに、子供の運動会で張り切って競技

記事を読む

no image

急な立ちくらみでクラクラ…そんな貧血の悩みを解消します!貧血の原因と解決策

「今日も立ちくらみが…」「大事な会議があるのに貧血が酷い…」等のように、 多くの人を悩ませる貧

記事を読む

トマト画像

活性酸素で老化する肌を見過ごさないための3つの方法

活性酸素が体内で過剰にできてしまうと、「肌にダメージが来る」、「血管年齢が上がってしまう」、「生活習

記事を読む

no image

楽しい夏の思い出を作るために!熱中症の予防・対策に知っておくべきことは? 

真夏の季節がやってくるにつれて問題となるのが熱中症です。 下手をするとアウトレジャー中に倒れて

記事を読む

no image
美容効果だけでは無い!カルシウムを補助するビタミンCの効果とは?

皆さんは「ビタミンC」と聞きますと、多くは「美容効果」に着目すると思い

no image
「みんな使ってるBBクリーム!流行の背景と人気の秘訣は?」

BBクリームは、もはやみんなが使っている定番アイテムになりつつあります

no image
毛穴の詰まり・黒ずみ解消にはコレ! 毛穴ケアにおすすめのアイテム

「なんだか最近、肌のざらつきが気になる…」「ぽつぽつとした黒ずみが目立

no image
人からの印象を変える唇メイクの魔法の比率をおしえます!

メイクの中で、その人の印象を大きく変えてしまう部分はどこだと思いま

no image
スタイルが良い人の条件は小顔!?リンパマッサージでスタイル抜群にみせる裏技について教えます!

皆さんの身の周りにスタイルが良い方はいるでしょうか? おそらく友

→もっと見る

    PAGE TOP ↑