*

卒乳は6ヶ月がオススメです!はウソ?本当?

赤ちゃんの「卒乳」の時期は人それぞれですよね。人それぞれというより、子どもや状況によって変わるといった方が良いかもしれません。もうかなり大きくなったから…と早めに卒乳を考える子もいれば、ずっと欲しがるのでまだあげないとなぁと感じる子もいます。また、次の子を妊娠したので断乳を余儀なくされた、という人もいるはず。正しい卒乳時期とはいったいいつ頃なのでしょうか?

スポンサードリンク

6ヶ月で卒乳が基本になっている理由は?

厚生労働省では、食事に移るまでのステップ「離乳食」のタイミングを5〜6ヶ月で推奨しています。そして、出産後すぐに出る「初乳」には、赤ちゃんの成長に大切な栄養がたっぷり詰まっていますが、免疫機能に寄与する栄養がつまった母乳はその後約6ヶ月しか出ません。このことから6ヶ月で卒乳と考えられているとよさそうでしょう。しかし、授乳をすることで赤ちゃんが得るものは栄養だけではありません。授乳は、お母さんと赤ちゃんにとって大切なスキンシップの時間。授乳の際にお母さんのおっぱいからでる「オキシトシン」というホルモンには、赤ちゃんに安心感を与える効果があります。6ヶ月で止めてしまわず、もう少し続けてあげるのが良いでしょう。

スポンサードリンク

実は…

ここまで、いろいろとお話ししましたが卒乳には決まったタイミングは存在しません。家庭や仕事の事情、次の子の妊娠などの理由で断乳するお母さんがたくさんいますが、現在、日本小児科学会が推奨しているのは、なんと4歳までの授乳を続けること。おっぱいを欲しがるうちは、無理して卒乳する必要はないということですね。

次の子を妊娠したら、授乳は辞めるべき?

「授乳は子宮を収縮させるため、流産の可能性がある」とし、断乳するケースが多く見られますが、実際授乳だけでは流産を引き起こすほどの子宮収縮は起こりません。逆に、授乳することでお母さんの精神が安定したり、退治に幸福感を与えるという意見も。心配な場合は医師に相談するのをオススメしますが、基本的には無理な断乳は必要ないと覚えておいてください。

気を付けなければならないことは!

授乳するときは、なるべく注意をそらさず、しっかり赤ちゃんを見つめてあげましょう。最近は、テレビを見ながら、スマホをいじりながら、など「ながら授乳」をする人が多く見られますが、そうすると授乳の際に出るホルモン量が減り、赤ちゃんが十分な愛情を感じられなくなります。「ながら授乳」で育った子供は、ADHD(注意多動性欠陥障害)や自閉症になる確率が高いというデータもあるので、十分に気をつけてあげましょう。授乳を通してのスキンシップは、赤ちゃんにとってもお母さんにとっても非常に大切です。無理に卒乳、断乳しようとせず、限られた時間を大切に過ごしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

no image

育児の負担を減らすために!寝かしつけのコツ、教えます!

2人目の子どもならある程度心に余裕が出来て、コツなどもわかるので1人目に比べて焦らずに育児に望めます

記事を読む

no image

0歳児の赤ちゃんを育てる遊び方!

私たちに記憶はありませんが、0歳児はこれから生きていく中でも特に、いろいろなものを吸収できる、どのよ

記事を読む

no image

母子のコミュニケーション!ベビーサインを覚えて楽しく育児しましょう!

育児に追われているママの皆さん、赤ちゃんとのコミュニケ―ション…慣れないと大変ですよね…。そんな赤ち

記事を読む

no image

春は子どもと公園にピクニック!荷物をかさばらせないためのオススメは!

だんだんと春がすぐそこまで近づいていますね!春になると上着が必要ない日が増えてきます!春から梅雨まで

記事を読む

no image

授乳は自分と子どもにあったスタイルを選びましょう!母乳育児じゃないとダメ!はもう古い!

授乳という行為は、赤ちゃんを育てる上で大切な行為ですよね。授乳とひとことでいっても、授乳には3つの種

記事を読む

no image

急に反抗期!?2歳児に必要な「甘えさせる」。甘やかすとは違います!

大変だった付きっ切りの育児も終わり、子どもは2歳!前よりは、言葉も増えてきて意志の疎通もできるように

記事を読む

no image

混合育児は悪いことではありません!最近増えてきている混合育児について!

昨今でもやはり、ママの中では出産後、に完全母乳育児を希望する人が多いようですね。 母乳を飲

記事を読む

no image

母乳育児と食生活の密接な関係とは!

妊娠中は、自分の体重を制限したり赤ちゃんの健康を考えて食生活がかなり敏感になっていたことと思います。

記事を読む

no image

尊敬されるイクメンになるためには…

最近では、すっかりイクメンという言葉も定着しましたね。その影響かはわかりませんが、心なしか昔より育児

記事を読む

no image

子育て経験のあるママが進めるレンタルベビーグッズ!

"子どもの出産や出産前から張り切ってついつい買ってしまうベビー用品。実際に必要となってきますが、必要

記事を読む

これでわかる!漢方医学 第二回 ~西洋医学と東洋医学・漢方医学の違い~

第二回目の今回は、漢方医学の「西洋医学と東洋医学・漢方医学の違

これでわかる!漢方医学 第一回 ~漢方医学の歴史~

「漢方医学」についてわかりやすく解説をしていきたいと思います。

no image
犬のダイエット〜深刻なペットの肥満問題

現代社会でペットの肥満は 人間と同様、深刻な問題。 うちの子達、ビー

no image
エッセンシャルオイルの使い方や効能〜レモンオイル編

レモンが私達の身体に良い事は 皆さんもご存知だと思いますが、 なんとレ

no image
エッセンシャルオイルの使い方と効能〜ペパーミントオイル編

ガムや歯磨き粉でお馴染みの ペパーミントですが、 スペアミントとウオー

→もっと見る

    PAGE TOP ↑