*

鼻水、鼻づまり、痰。それってただの風邪じゃないかも。副鼻腔炎ってどんな病気?

副鼻腔炎って何?

副鼻腔炎には急性副鼻腔と慢性副鼻腔があります。副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気で、蓄膿症という名前の方が一般的に知られているかと思います。副鼻腔と呼ばれる部分に膿がたまってしまいます。

副鼻腔炎の原因

原因は肺炎球菌、インフルエンザ菌、次いでブドウ球菌などの細菌があげられます。風邪から引き続いて感染する細菌、真菌、アレルギー性鼻炎、また虫歯からのこともあります。原因によって治療方針が変わってきますので、いつからどのような症状があるのかなど細かく伝えるといいでしょう。

副鼻腔炎の症状は?

鼻水、鼻づまり、痰、咳などが主な症状になります。この場合、風邪から始まる副鼻腔炎の場合、気づきにくくなります。悪化してくると頭痛、顔面痛、また鼻の中から悪臭を感じるようになり、さらに悪化すると周りにも悪臭が気づかれるようになってしまいます。慢性副鼻腔になり、さらに悪化すると完治まで数カ月かかることもありますから、気になったら速やかに耳鼻咽喉科へ行きましょう。最近では風邪も内科小児科より耳鼻咽喉科へ!という風潮もあります。

スポンサードリンク

病院ではどんな検査をするの?

耳鼻咽喉科ではどんな検査をするのでしょうか。まずは単純X線検査で診断することが多いです。さらに炎症の原因である細菌を調べるため、鼻から鼻汁をとり、細菌を調べます。特に痛くはありませんので、安心してください。

治療はどんなことをするの?

まずは副鼻腔にある鼻水を綺麗にする処置をし、抗生剤や粘膜を正常化する薬を内服します。基本的には薬により細菌を殺し、炎症を抑えて膿を減らしていくという形になります。急性副鼻腔炎であれば2週間ほどで完治します。また、慢性副鼻腔炎であっても、軽度であれば1ヶ月程度の服薬で完治することが可能です。

手術はするの?術後の経過は?

ただし鼻茸(ポリープ)ができてしまっていたり、悪化していると、手術が必要になります。最近ではすべてが鼻の穴からだけで行えるようになっています。昔は顔の皮膚を切ったり、骨を削ったりすることもありましたが、今はそのようなことはありません。また、手術は安定剤+局所麻酔剤で手術を行うところ、全身麻酔で行うところなど、病院によって麻酔箇所や手術内容が異なる場合があります。術後の経過にも関わってきますので、仕事の関係で長期休めない、無理しなくてはいけないなど事情がある場合は前もって相談し、セカンドオピニオンを受けることも必要でしょう。

スポンサードリンク

関連記事

no image

薬に頼りすぎるのも危険だった。意外に知られていない薬物性肝障害とは

薬物性肝障害とは人は病気になった場合は、病院に行きまたは薬局で薬を購入します。そしてそれを飲んで治し

記事を読む

no image

鼻づまりやくしゃみの困った原因を解消!刺激で鼻の調子を良くする!

鼻が悪い人は、なんとか鼻の調子を少しでも良くしたいと願われているのではないでしょうか。鼻がつまるのも

記事を読む

no image

毎日のお通じがない人は要注意!甘く見ないで、便秘が招く危険な病気…

便秘の定義と種類を知る!体が冷えやすい女性などが特に陥りやすいですよね。排泄物が大腸に溜まっているの

記事を読む

no image

意外な効果を発揮!あれを1日たった3杯飲むだけで、死亡率を24%減少!

豊かな香りで心を癒やし、集中力も与えてくれる一杯のコーヒー。毎日のデスクワークに欠かせない人も多いと

記事を読む

no image

自覚しにくい!徐々に視野が欠けてくる「緑内障」の恐怖とは

目に入ってきた光は、目の奥にある網膜で像を結び、電気信号となって網膜の細胞から伸びる神経線維を伝わっ

記事を読む

no image

よく耳にする脂肪肝!危険度「高」の脂肪肝って、そもそもどんなものなの?

よく脂肪肝という言葉を聞きますが、具体的にはどういった肝臓のことをいうのでしょうか?簡単に説明すると

記事を読む

no image

「ゼラチン」で皮膚や関節トラブル予防

コラーゲンの代謝は年齢とともに低下していきます。20代くらいを境にしてぐっと落ちてしまうのです。それ

記事を読む

no image

老若男女みんなが格闘!花粉症のくしゃみ鼻水はどう防ぐ?

近頃は老若男女問わず、花粉症のかたが多くなっています。昔は今ほどには花粉症で悩む人の人数が多くなかっ

記事を読む

no image

意外と危険!?2つのポイントで「鼻の老化」について知ろう

鼻の老化と聞いてもピンとこない人が多いかもしれません。 嗅覚自体が衰えるのはもちろんのこと、見

記事を読む

no image

年齢は関係ない!若い人と中高年に多い網膜裂孔・網膜剥離とは

網膜は、眼球の奥にあり、ちょうどカメラのフィルムのような役割を果たしています。網膜には光を感じる「視

記事を読む

これでわかる!漢方医学 第二回 ~西洋医学と東洋医学・漢方医学の違い~

第二回目の今回は、漢方医学の「西洋医学と東洋医学・漢方医学の違

これでわかる!漢方医学 第一回 ~漢方医学の歴史~

「漢方医学」についてわかりやすく解説をしていきたいと思います。

no image
犬のダイエット〜深刻なペットの肥満問題

現代社会でペットの肥満は 人間と同様、深刻な問題。 うちの子達、ビー

no image
エッセンシャルオイルの使い方や効能〜レモンオイル編

レモンが私達の身体に良い事は 皆さんもご存知だと思いますが、 なんとレ

no image
エッセンシャルオイルの使い方と効能〜ペパーミントオイル編

ガムや歯磨き粉でお馴染みの ペパーミントですが、 スペアミントとウオー

→もっと見る

PAGE TOP ↑