*

鼻づまりやくしゃみの困った原因を解消!刺激で鼻の調子を良くする!

鼻が悪い人は、なんとか鼻の調子を少しでも良くしたいと願われているのではないでしょうか。鼻がつまるのも、くしゃみや鼻がしょっちゅう出るのも困ったものですね。ひどくなると生活の質を落としてしまうことになりかねません。鼻の症状ですから、鼻の一部分のみ注目してしまいがちですが、身体全体と鼻の症状は密接につながっています。自分で毎日できる、体質改善方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

お風呂から出る前に、水をかける。

鼻が悪いかたは、活力がないかたに多いようです。なんとなく体が弱そうな、ひよわな雰囲気があるのではないでしょうか。生まれつきだから仕方ないのではないかとあきらめる必要はありません。修行僧は滝などで頭の上から水を浴び続けていますが、水をかけると聞くとそのような場面を想像してしまったかたもいらっしゃるかもしれませんね。そのようなことはする必要はありません。お風呂から出る前に、膝から下あたりに水をかけるだけでOKです。ツボ刺激の方法ではいろいろとありますが、お灸などであたためるほかに、「氷灸」という方法もあります。ツボをあたためて刺激するか、冷やして刺激するかの差なのですが、これを応用した方法です。水をかけることによって膝下にある生命力に関する経路やツボを一度に刺激することが可能です。水をかけると、今まで開いていた血管がキュッと収縮して熱をなんとか外に逃さないように働いてくれます。足が冷えてしまうのではないかとおもわれるかたもおられると思いますが、逆に足元がポカポカと温まってきて、湯冷めしにくくなるようです。血流を良くし、冷えを改善することによって、鼻の調子も徐々に改善することでしょう。

スポンサードリンク

ブラシこすりをする

鼻が悪い人の中には、不眠に悩まされている方も多いようです。鼻がつまったり、反対によく出たりすることによって、睡眠の質も悪くなってしまいがちのようです。このようなかたにおススメなのが、「ブラシこすり」です。ヘアブラシを用意しましょう。このヘアブラシで、後頭部や首筋付近をマッサージするように丁寧にブラッシングしていきます。鼻が悪い人だけではなく、手足が冷え、肩こりや目の疲れがあるようなかたにもおススメです。この付近には身体によいさまざまなツボがあります。特に、首筋にある「風池(ふうち)」と呼ばれるツボは、不眠に良く効きます。後頭部や首筋の皮膚をヘアブラシで刺激することによって身体を温め、鼻のとおりも改善し、ぐっすりと眠れるようになるでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

no image

意外と危険!?2つのポイントで「鼻の老化」について知ろう

鼻の老化と聞いてもピンとこない人が多いかもしれません。 嗅覚自体が衰えるのはもちろんのこと、見

記事を読む

no image

毎日のお通じがない人は要注意!甘く見ないで、便秘が招く危険な病気…

便秘の定義と種類を知る!体が冷えやすい女性などが特に陥りやすいですよね。排泄物が大腸に溜まっているの

記事を読む

no image

「ゼラチン」で皮膚や関節トラブル予防

コラーゲンの代謝は年齢とともに低下していきます。20代くらいを境にしてぐっと落ちてしまうのです。それ

記事を読む

no image

意外な効果を発揮!あれを1日たった3杯飲むだけで、死亡率を24%減少!

豊かな香りで心を癒やし、集中力も与えてくれる一杯のコーヒー。毎日のデスクワークに欠かせない人も多いと

記事を読む

no image

年齢は関係ない!若い人と中高年に多い網膜裂孔・網膜剥離とは

網膜は、眼球の奥にあり、ちょうどカメラのフィルムのような役割を果たしています。網膜には光を感じる「視

記事を読む

no image

知らないと怖い…!アミロイド肝の治療法はどのようなものがあるの?

アミロイド肝の治療法はどのようなものなのでしょうか?アミロイド肝というのは、全身性アミロイドーシスの

記事を読む

no image

まさに「寒さをつかむ」!鼻水がでるタイプの風邪ってどんなの?

風邪をひくことを英語では、Catch a cold (キャッチ ア コールド)といいます。直訳します

記事を読む

no image

老若男女みんなが格闘!花粉症のくしゃみ鼻水はどう防ぐ?

近頃は老若男女問わず、花粉症のかたが多くなっています。昔は今ほどには花粉症で悩む人の人数が多くなかっ

記事を読む

no image

聞き逃しは耳の異常のサイン!突発性難聴ってどんな病気?

そんなこと言ってた?些細な伝達ミスがあったり、日常生活で大事なことを聞き逃してしまうことがある方は注

記事を読む

no image

自覚しにくい!徐々に視野が欠けてくる「緑内障」の恐怖とは

目に入ってきた光は、目の奥にある網膜で像を結び、電気信号となって網膜の細胞から伸びる神経線維を伝わっ

記事を読む

これでわかる!漢方医学 第二回 ~西洋医学と東洋医学・漢方医学の違い~

第二回目の今回は、漢方医学の「西洋医学と東洋医学・漢方医学の違

これでわかる!漢方医学 第一回 ~漢方医学の歴史~

「漢方医学」についてわかりやすく解説をしていきたいと思います。

no image
犬のダイエット〜深刻なペットの肥満問題

現代社会でペットの肥満は 人間と同様、深刻な問題。 うちの子達、ビー

no image
エッセンシャルオイルの使い方や効能〜レモンオイル編

レモンが私達の身体に良い事は 皆さんもご存知だと思いますが、 なんとレ

no image
エッセンシャルオイルの使い方と効能〜ペパーミントオイル編

ガムや歯磨き粉でお馴染みの ペパーミントですが、 スペアミントとウオー

→もっと見る

PAGE TOP ↑