*

鼻づまりがひどくてつらい…放っておくと危険かも。慢性鼻炎の特徴と対処法

慢性鼻炎の鼻の中は、粘膜が赤く腫れています。さらに炎症が長引くと粘膜が分厚くなり、硬くなることや、逆にぶよぶよした状態になることもあります。原因はいろいろありますが、ひとつには急性鼻炎を繰り返すことにより、慢性化したものと考えられます。副鼻腔炎が原因となって慢性鼻炎になるケースもあり、また鼻中隔湾曲症が関係している場合もあります。その他にアレルギー体質、子供ではアデノイドが原因になることもあります。慢性鼻炎の症状分泌物による場合もありますが、主として鼻粘膜が慢性的に腫れることによって鼻づまりが続きます。この症状は精神的に緊張したりすると悪化しやすくなりますし、鼻中隔湾曲症を伴う場合は、より強い鼻づまりを生じやすくなります。頭痛を訴えることもよくあります。鼻根部から前頭部にかけの頭痛が多く、ズキズキとした痛みや重苦しさを感じます。原因としては副鼻腔疾患が影響している可能性もあります。粘液性や膿状の鼻汁を伴うことが多く、特に鼻汁がのどに流れる後鼻漏は強い不快感を招きます。慢性鼻炎の対処法慢性鼻炎で用いられる対処法としては、主に局所治療になります、慢性ですからすぐには治りませんが、炎症を抑えるための薬を少しずつ使用していきます。よく使われるのが血管収縮薬の点鼻薬です。血管を収縮させて鼻粘膜の腫れを少なくしていきます。この血管収縮薬の点鼻薬は、初期段階で短時間だけ使うなら即効性があり、鼻づまりは改善されますが、あくまでも症状を軽くするためのもので、根本治療ではありません。注意しなければならないのは、長い間使っていると鼻粘膜を厚くして、鼻腔を狭くしてしまい症状を悪化させてしまうことです。こうした悪循環に陥らないためにも、点鼻用血管収縮薬の乱用には注意しなければなりません。鼻づまりがひどいときには、こうした点鼻用血管収縮薬だけでは改善されません。その場合には厚くなった鼻粘膜を切除するという手術が有効です。最近ではレーザーで焼く治療が行われるようになりました。レーザー治療は時間も5〜10分程度で済みますし、痛みや出血が少ないため、通院外来での治療ができます。また保険適用対象にもなっています。慢性鼻炎になると粘膜が薄く硬くなり、委縮を起こすのが委縮性鼻炎といわれるものです。委縮するため鼻腔内が広くなり、乾燥してかさぶたができやすくなります。そこに細菌感染を起こして、悪臭を放つようになるので「臭鼻症(しゅうびしょう)」と呼ばれることもあります。

スポンサードリンク

関連記事

no image

まさに「寒さをつかむ」!鼻水がでるタイプの風邪ってどんなの?

風邪をひくことを英語では、Catch a cold (キャッチ ア コールド)といいます。直訳します

記事を読む

no image

聞き逃しは耳の異常のサイン!突発性難聴ってどんな病気?

そんなこと言ってた?些細な伝達ミスがあったり、日常生活で大事なことを聞き逃してしまうことがある方は注

記事を読む

no image

「ゼラチン」で皮膚や関節トラブル予防

コラーゲンの代謝は年齢とともに低下していきます。20代くらいを境にしてぐっと落ちてしまうのです。それ

記事を読む

no image

意外な効果を発揮!あれを1日たった3杯飲むだけで、死亡率を24%減少!

豊かな香りで心を癒やし、集中力も与えてくれる一杯のコーヒー。毎日のデスクワークに欠かせない人も多いと

記事を読む

no image

脳腸相関とは?食から考える・腸活で健康に!~

家族の健康を考えていくとき、一番始めにできることとして思いつくのは「食」なのではないでしょうか。人間

記事を読む

no image

自覚しにくい!徐々に視野が欠けてくる「緑内障」の恐怖とは

目に入ってきた光は、目の奥にある網膜で像を結び、電気信号となって網膜の細胞から伸びる神経線維を伝わっ

記事を読む

no image

急な腹痛…激しい痛みの原因は何!?腹痛を甘くみてはいませんか?

突発的にやってくる腹痛。 移動中や旅行中、最悪なのが電車などの移動中に突然やってくること。

記事を読む

no image

毎日のお通じがない人は要注意!甘く見ないで、便秘が招く危険な病気…

便秘の定義と種類を知る!体が冷えやすい女性などが特に陥りやすいですよね。排泄物が大腸に溜まっているの

記事を読む

no image

薬に頼りすぎるのも危険だった。意外に知られていない薬物性肝障害とは

薬物性肝障害とは人は病気になった場合は、病院に行きまたは薬局で薬を購入します。そしてそれを飲んで治し

記事を読む

no image

意外と危険!?2つのポイントで「鼻の老化」について知ろう

鼻の老化と聞いてもピンとこない人が多いかもしれません。 嗅覚自体が衰えるのはもちろんのこと、見

記事を読む

no image
夏の冷え症!冷たいものがおいしい季節が実は怖い!?

暑くなってくると、冷えたビールに酎ハイ、かき氷やアイスクリーム

no image
美容効果だけでは無い!カルシウムを補助するビタミンCの効果とは?

皆さんは「ビタミンC」と聞きますと、多くは「美容効果」に着目すると思い

no image
「みんな使ってるBBクリーム!流行の背景と人気の秘訣は?」

BBクリームは、もはやみんなが使っている定番アイテムになりつつあります

no image
毛穴の詰まり・黒ずみ解消にはコレ! 毛穴ケアにおすすめのアイテム

「なんだか最近、肌のざらつきが気になる…」「ぽつぽつとした黒ずみが目立

no image
人からの印象を変える唇メイクの魔法の比率をおしえます!

メイクの中で、その人の印象を大きく変えてしまう部分はどこだと思いま

→もっと見る

    PAGE TOP ↑