*

耳の老化が鬱の始まり!?騒音に気を付けて老化を防ごう!

耳の老化の仕組み

一時期流行った「モスキート音」ってご存知ですか?そのまま訳すと「蚊の音」で、不快に感じるようなかなり耳障りな音ですが、大人には聞こえない音として学生の間で流行しました。これは、高周波数の音が加齢とともに聞き取れなくなることを利用したものです。このように、耳の老化は主に高周波数の音が聞こえなくなることに始まります。さきほどの「モスキート音」は、20代後半になるとほとんど気にならなくなるそうです。日常生活ではほとんど問題はないのですが、早い人は30代後半、平均でも50代で聞こえの衰えを自分でも感じるようになってきます。耳は、外耳・中耳・内耳という3つの部分で構成されています。各器官の働きは以下の通りです。外耳…いわゆる目に見える耳の部分。中耳…音を鼓膜で振動させ、耳小骨という部分で振動を増幅させる。内耳…蝸牛という器官で振動を電気信号にかえ、脳に伝える。この中で老化に直接かかわってくるのが、内耳にある蝸牛の能力の衰えです。脳では、蝸牛を通った電気信号を瞬時に解析して言葉を理解しています。この蝸牛の中にある有毛細胞という睫毛のような細胞が加齢とともに破壊され、聞こえが悪くなってしまうのです。これを「加齢性難聴」といいます。

スポンサードリンク

「加齢性難聴」の症状と対策

「加齢性難聴」は、先ほど述べた高周波数の音が聞こえなくなるのはもちろんのこと、小さな声や遠くの音なども徐々に聞きとりにくくなっていきます。音を認識はするのですが、言葉の聞き取りが不十分になるため、聞き間違いや何度も同じことを聞き返すなどの症状が出てしまうのです。老化だから…とそのまま放っておくと、どんどん聞こえが悪くなってしまいます。また、耳からの刺激に鈍感になることで、脳の老化が進んでしまう可能性があります。人との関わりを避けてしまったり、人の話を聞こうとしなかったりすることで、やる気の低下や最悪、鬱などの病気にもなってしまうかもしれないのです。では、加齢性難聴の進行を遅らせるにはどうすればよいのか。サプリやマッサージなどの方法がありますが、もっとも簡単にできる対策は「騒音を聞かない」というものです。パチンコ店や工事現場、ライブハウスなど、常に大きな音に晒されている環境では、蝸牛の有毛細胞が一気に破壊されていきます。一度破壊されると治らないものなので、できるだけ騒音から離れるようにしましょう。また、補聴器を利用するのも一つの手です。失った聴覚は元には戻らないのですから、自分に合った補聴器を使うことで人とのコミュニケーションに自信を持つことができます。自分だけでは耳の老化に気づかないこともあります。人との会話の際に気づくことがほとんどなので、自分だけでなく周囲の人との会話に違和感があれば、積極的に受診し、適切な処置をするよう勧めましょう。

スポンサードリンク

関連記事

no image

脳腸相関とは?食から考える・腸活で健康に!~

家族の健康を考えていくとき、一番始めにできることとして思いつくのは「食」なのではないでしょうか。人間

記事を読む

no image

毎日のお通じがない人は要注意!甘く見ないで、便秘が招く危険な病気…

便秘の定義と種類を知る!体が冷えやすい女性などが特に陥りやすいですよね。排泄物が大腸に溜まっているの

記事を読む

no image

老若男女みんなが格闘!花粉症のくしゃみ鼻水はどう防ぐ?

近頃は老若男女問わず、花粉症のかたが多くなっています。昔は今ほどには花粉症で悩む人の人数が多くなかっ

記事を読む

no image

鼻水、鼻づまり、痰。それってただの風邪じゃないかも。副鼻腔炎ってどんな病気?

副鼻腔炎って何?副鼻腔炎には急性副鼻腔と慢性副鼻腔があります。副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症

記事を読む

no image

鼻づまりがひどくてつらい…放っておくと危険かも。慢性鼻炎の特徴と対処法

慢性鼻炎の鼻の中は、粘膜が赤く腫れています。さらに炎症が長引くと粘膜が分厚くなり、硬くなることや、逆

記事を読む

no image

薬に頼りすぎるのも危険だった。意外に知られていない薬物性肝障害とは

薬物性肝障害とは人は病気になった場合は、病院に行きまたは薬局で薬を購入します。そしてそれを飲んで治し

記事を読む

no image

変形性関節症を治療しよう!変形性関節症を治療する3つの方法

お年を召した方々に多い関節の症状として「変形性関節症」があります。関節の軟骨が磨り減り、骨同士が擦れ

記事を読む

no image

意外な効果を発揮!あれを1日たった3杯飲むだけで、死亡率を24%減少!

豊かな香りで心を癒やし、集中力も与えてくれる一杯のコーヒー。毎日のデスクワークに欠かせない人も多いと

記事を読む

no image

年齢は関係ない!若い人と中高年に多い網膜裂孔・網膜剥離とは

網膜は、眼球の奥にあり、ちょうどカメラのフィルムのような役割を果たしています。網膜には光を感じる「視

記事を読む

no image

鼻づまりやくしゃみの困った原因を解消!刺激で鼻の調子を良くする!

鼻が悪い人は、なんとか鼻の調子を少しでも良くしたいと願われているのではないでしょうか。鼻がつまるのも

記事を読む

no image
胸(おっぱい)の悩みを解決するための食べ物3選

女性の悩みの一つに「バストサイズ」 が挙げられますよね。 ふとした瞬

no image
夏の冷え症!冷たいものがおいしい季節が実は怖い!?

暑くなってくると、冷えたビールに酎ハイ、かき氷やアイスクリーム

no image
美容効果だけでは無い!カルシウムを補助するビタミンCの効果とは?

皆さんは「ビタミンC」と聞きますと、多くは「美容効果」に着目すると思い

no image
「みんな使ってるBBクリーム!流行の背景と人気の秘訣は?」

BBクリームは、もはやみんなが使っている定番アイテムになりつつあります

no image
毛穴の詰まり・黒ずみ解消にはコレ! 毛穴ケアにおすすめのアイテム

「なんだか最近、肌のざらつきが気になる…」「ぽつぽつとした黒ずみが目立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑