*

変形性関節症を治療しよう!変形性関節症を治療する3つの方法

お年を召した方々に多い関節の症状として「変形性関節症」があります。関節の軟骨が磨り減り、骨同士が擦れてしまったり変形する事で発生する症状で症状が悪化すると歩けなくなります!しかし!現在では様々な方法で変形性関節症を治療する事ができます!そこで今回、変形性関節症を治療する方法を3つに分けて紹介していきます!■1:薬物療法による関節機能の改善と炎症治療最初に紹介するのは一番良く行われている薬物治療です。炎症による痛みが発生した場合には「非ステロイド性抗炎症薬」を投与します。ですがこれではただ単に痛みを取るだけですので、根本的な解決には至りません。そこで「ヒアルロン酸」または「ステロイド」等の薬品を関節に投与して関節機能の改善に繋げます!特にヒアルロン酸は関節液に含まれる成分と同じで、関節部を保護したり栄養補給の機能を果たします。すぐに良くなると言うわけではなく、継続的な投与が必要になります。■2:補助器具を利用して関節部の負担を減らす薬物治療と一緒に行われるのが補助器具を利用した治療です。この治療は補助器具を関節部に使用することで関節の負担を大幅に減らします。関節を強制することで関節部を壊す危険性が少なくなりますし、負担を軽くする事で骨の変形を防ぐ事ができます。そして何より、薬物治療と一緒に行われますので関節部の負担を減らし薬物の効果を向上させる事も可能です!関節部を固定するため最初の内は違和感を感じると思いますが、間接の将来を考えて徐々に慣れて行くようにしましょう。■3:手術を行い関節部を正常に保つ最期に紹介するのは関節部の手術です。関節部の手術は大きく分けて3つの方法があります。1つ目は関節鏡を利用して行う軽い手術です。主に膝の関節部で行われ、擦れて取れてしまった軟骨を取り去る、または骨の変形で骨棘になった所を切除します。2つ目は骨を切ってしまい繋ぎ直す手術です。この手術は変形性関節症が進行し、薬物・補助器具、そして切除や除去では対応できない時に行われます。骨を1度切り取り、骨が変形した箇所を元に戻すように繋ぎ直します。そのため数ヶ月の入院とリハビリが必要になります。3つ目は人工関節を入れることです。人工関節を入れることで関節部の負担が大いに減り、慣れてくると数日で歩く事ができます。とは言え歩く事程度でしゃがむ・正座と言った行動はできませんので注意しましょう。以上のように変形性関節症には治療方法があります。もし自分自身、または親戚に変形性関節症の危険性がある人がいましたら上記を参考にどの治療法にするか検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事

no image

毎日のお通じがない人は要注意!甘く見ないで、便秘が招く危険な病気…

便秘の定義と種類を知る!体が冷えやすい女性などが特に陥りやすいですよね。排泄物が大腸に溜まっているの

記事を読む

no image

聞き逃しは耳の異常のサイン!突発性難聴ってどんな病気?

そんなこと言ってた?些細な伝達ミスがあったり、日常生活で大事なことを聞き逃してしまうことがある方は注

記事を読む

no image

脳腸相関とは?食から考える・腸活で健康に!~

家族の健康を考えていくとき、一番始めにできることとして思いつくのは「食」なのではないでしょうか。人間

記事を読む

no image

意外と危険!?2つのポイントで「鼻の老化」について知ろう

鼻の老化と聞いてもピンとこない人が多いかもしれません。 嗅覚自体が衰えるのはもちろんのこと、見

記事を読む

no image

怖いアミロイド肝という病気とは?

アミロイド肝って何?アミロイド肝という病気は、いったいどういった病気なのでしょうか?アミロイド肝は、

記事を読む

no image

耳の老化が鬱の始まり!?騒音に気を付けて老化を防ごう!

耳の老化の仕組み一時期流行った「モスキート音」ってご存知ですか?そのまま訳すと「蚊の音」で、不快に感

記事を読む

no image

急な腹痛…激しい痛みの原因は何!?腹痛を甘くみてはいませんか?

突発的にやってくる腹痛。 移動中や旅行中、最悪なのが電車などの移動中に突然やってくること。

記事を読む

no image

生きていくうえで必要不可欠な骨。なぜ骨による石灰化は発生するの?石灰化の原因と症状

私達の体内に数え切れない程存在する骨は赤ちゃん〜高齢者になる頃まで必要になります。しかし、骨を意識し

記事を読む

no image

鼻水、鼻づまり、痰。それってただの風邪じゃないかも。副鼻腔炎ってどんな病気?

副鼻腔炎って何?副鼻腔炎には急性副鼻腔と慢性副鼻腔があります。副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症

記事を読む

no image

年齢は関係ない!若い人と中高年に多い網膜裂孔・網膜剥離とは

網膜は、眼球の奥にあり、ちょうどカメラのフィルムのような役割を果たしています。網膜には光を感じる「視

記事を読む

これでわかる!漢方医学 第二回 ~西洋医学と東洋医学・漢方医学の違い~

第二回目の今回は、漢方医学の「西洋医学と東洋医学・漢方医学の違

これでわかる!漢方医学 第一回 ~漢方医学の歴史~

「漢方医学」についてわかりやすく解説をしていきたいと思います。

no image
犬のダイエット〜深刻なペットの肥満問題

現代社会でペットの肥満は 人間と同様、深刻な問題。 うちの子達、ビー

no image
エッセンシャルオイルの使い方や効能〜レモンオイル編

レモンが私達の身体に良い事は 皆さんもご存知だと思いますが、 なんとレ

no image
エッセンシャルオイルの使い方と効能〜ペパーミントオイル編

ガムや歯磨き粉でお馴染みの ペパーミントですが、 スペアミントとウオー

→もっと見る

    PAGE TOP ↑