*

自覚しにくい!徐々に視野が欠けてくる「緑内障」の恐怖とは

目に入ってきた光は、目の奥にある網膜で像を結び、電気信号となって網膜の細胞から伸びる神経線維を伝わっていきます。視神経は、網膜全体の細胞から伸びる神経線維が約100万本も集まり、眼球から脳につながっています。眼圧の上昇などにより、この視神経に何らかの障害が起こることで視野が欠けてしまうのが緑内障です。緑内障は40歳以上の中高年によく見られる目の病気です。初期から中期にかけては自覚しにくく、ほとんどの場合気づきません。しかしそのまま放置しておくとし神経の障害が進んでやがて失明する恐れが出てきます。なぜ緑内障になるのか緑内障がなぜ起こるのか、はっきりしない部分もありますが、明らかな原因として眼圧の上昇があります。眼球の内側から外側へと常に一定の圧力がかかっています。この圧力のことを眼圧といいます。眼圧によって眼球は丸い形を保つことができますし、網膜に張りを持たせています。眼圧に大きな影響を与えているのが前房と後房を満たしている「房水(ぼうすい)」という透明な液体です。この房水の量が一定に保たれていることで眼圧も一定に保たれています。房水は「毛様体(もうようたい)」で作られて、角膜と水晶体の間を流れていきます。流れていく間に角膜や水晶体に栄養や酸素を供給したり、老廃物を受け取ったりします。最終的には涙として目の外に排出されていきます。房水が産生される量と排出される量のバランスが取れていれば、房水の全体の量は変わらずに眼圧は一定に保つことができます。ところが何らかの原因があってこのバランスが乱れ、房水の量が多くなると眼圧が上昇します。緑内障の種類緑内障には房水の流れの滞り方によっていくつか種類があります。「原発解放隅角緑内障」は、眼圧が異常値になるタイプと正常値のタイプに別れます。眼圧が高いタイプは房水の排出が悪くなり、眼圧が高くなって緑内障が起こります。一方眼圧が高くないタイプは強い近視や視神経の抵抗力の弱さなどが要因ではないかと考えられています。原発閉塞隅角緑内障は、隅角が狭くなり、光彩が房水の排水口をふさいでしまうために眼圧が高くなるタイプです。年を取ると水晶体が厚くなっていきます。すると水晶体によって虹彩が押し出されて、隅角が狭くなることがあります。隅角が完全にふさがれると、眼圧が急激に上昇し「急性緑内障発作」を起こすことがあります。緑内障の危険因子とは緑内障にかかりやすい危険因子、あるいは発症に関係する要因ではないかと推測されていることがあります。それが「眼圧」「近視」「加齢」「血行不良」です。このなかで血行不良という因子はまだ医学的に立証されているわけではありません。しかし、目は多くの酸素を必要とする器官であるため、血行不良になって酸素が減少すると、ゆっくりと視神経に悪影響を与えるといわれています。眼圧を下げる治療を行っても治らない人は、低血圧や貧血などで血行不良を起こしている場合が多く、危険因子として念頭に入れておくべきでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

no image

知らないと怖い…!アミロイド肝の治療法はどのようなものがあるの?

アミロイド肝の治療法はどのようなものなのでしょうか?アミロイド肝というのは、全身性アミロイドーシスの

記事を読む

no image

脳腸相関とは?食から考える・腸活で健康に!~

家族の健康を考えていくとき、一番始めにできることとして思いつくのは「食」なのではないでしょうか。人間

記事を読む

no image

年齢は関係ない!若い人と中高年に多い網膜裂孔・網膜剥離とは

網膜は、眼球の奥にあり、ちょうどカメラのフィルムのような役割を果たしています。網膜には光を感じる「視

記事を読む

no image

急な腹痛…激しい痛みの原因は何!?腹痛を甘くみてはいませんか?

突発的にやってくる腹痛。 移動中や旅行中、最悪なのが電車などの移動中に突然やってくること。

記事を読む

no image

よく耳にする脂肪肝!危険度「高」の脂肪肝って、そもそもどんなものなの?

よく脂肪肝という言葉を聞きますが、具体的にはどういった肝臓のことをいうのでしょうか?簡単に説明すると

記事を読む

no image

まさに「寒さをつかむ」!鼻水がでるタイプの風邪ってどんなの?

風邪をひくことを英語では、Catch a cold (キャッチ ア コールド)といいます。直訳します

記事を読む

no image

生きていくうえで必要不可欠な骨。なぜ骨による石灰化は発生するの?石灰化の原因と症状

私達の体内に数え切れない程存在する骨は赤ちゃん〜高齢者になる頃まで必要になります。しかし、骨を意識し

記事を読む

no image

意外と危険!?2つのポイントで「鼻の老化」について知ろう

鼻の老化と聞いてもピンとこない人が多いかもしれません。 嗅覚自体が衰えるのはもちろんのこと、見

記事を読む

no image

鼻づまりやくしゃみの困った原因を解消!刺激で鼻の調子を良くする!

鼻が悪い人は、なんとか鼻の調子を少しでも良くしたいと願われているのではないでしょうか。鼻がつまるのも

記事を読む

no image

変形性関節症を治療しよう!変形性関節症を治療する3つの方法

お年を召した方々に多い関節の症状として「変形性関節症」があります。関節の軟骨が磨り減り、骨同士が擦れ

記事を読む

これでわかる!漢方医学 第二回 ~西洋医学と東洋医学・漢方医学の違い~

第二回目の今回は、漢方医学の「西洋医学と東洋医学・漢方医学の違

これでわかる!漢方医学 第一回 ~漢方医学の歴史~

「漢方医学」についてわかりやすく解説をしていきたいと思います。

no image
犬のダイエット〜深刻なペットの肥満問題

現代社会でペットの肥満は 人間と同様、深刻な問題。 うちの子達、ビー

no image
エッセンシャルオイルの使い方や効能〜レモンオイル編

レモンが私達の身体に良い事は 皆さんもご存知だと思いますが、 なんとレ

no image
エッセンシャルオイルの使い方と効能〜ペパーミントオイル編

ガムや歯磨き粉でお馴染みの ペパーミントですが、 スペアミントとウオー

→もっと見る

PAGE TOP ↑