*

「ゼラチン」で皮膚や関節トラブル予防

コラーゲンの代謝は年齢とともに低下していきます。20代くらいを境にしてぐっと落ちてしまうのです。それに伴い、シミやシワなどが目立ち、肌の調子が悪くなってしまったり、関節痛などに悩まされる方も多くなるようですね。

スポンサードリンク

ゼラチンってどんなもの?

今回おススメするのは、「ゼラチン」です。「ゼラチン」は、ブタや牛などの皮や骨などの主成分である「コラーゲン」に熱を加えて水溶性にした食品なのですが、お母さんが子供さんのために手作りゼリーを作るときにもよく使われるのではないでしょうか。スーパーなどでもパウダータイプや板状のものが売られていて手軽に購入することができます。

コラーゲンってどんなもの?

近頃はコラーゲンが含まれた化粧品や健康・美容のためのサプリメントや食品類も多くみかけますね。コラーゲンはタンパク質の一種で、繊維状の構造を持っていて、人の体の中にもあります。関節、皮膚、腱、じん帯、骨、目、血管、筋膜などのほか、細胞と細胞をつなぎ合わせるような働きもしていますので大変重要な存在なのです。年齢を重ねるにつれて合成能力が低下するばかりではなく、糖分がタンパク質と結びつくことによって劣化したタンパク質になって蓄積してしまう「糖化」によりコラーゲンの質が低下して怖いシワなどの原因になってしまうようです。

手軽にとれるゼラチンスープ

今回おススメしたいのが、ゼラチンを温かいスープに溶かして飲む方法です。スープやおみそ汁など食事と一緒にとると美味しいですね。このスープ類にゼラチンを毎回入れることによって、年齢によるコラーゲン不足を予防することが可能です。筆者の親は、整形外科で「変形性ひざ関節症」という診断を受けたのですが、ゼラチンを食事にとりいれたところ段々ましになってきたようです。効果には個人差もあるかと思いますが、年齢を重ねるにつれてコラーゲンの合成能力は低下してきますから、高齢期以降からとるよりも、若いうちから意識して接種するようにすることによって、丈夫な関節や皮膚、骨などを作ることが可能だと言えそうです。注意しておきたいのが、市販のゼリー類には「ゼラチン」が使われていないものもあるので、成分表示をよく確認して購入するようにしたいものですね。

ゼラチンのその他の使い方

ゼラチンはスープ類に入れるほかにも、ハンバーグを作るときにつなぎの代わりに入れたり、グラタンを作る際にとろみをつける際に入れたりなどさまざまな使い方ができます。工夫をして毎日の食事に今話題の「ゼラチン」を取り入れていきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

no image

生きていくうえで必要不可欠な骨。なぜ骨による石灰化は発生するの?石灰化の原因と症状

私達の体内に数え切れない程存在する骨は赤ちゃん〜高齢者になる頃まで必要になります。しかし、骨を意識し

記事を読む

no image

脳腸相関とは?食から考える・腸活で健康に!~

家族の健康を考えていくとき、一番始めにできることとして思いつくのは「食」なのではないでしょうか。人間

記事を読む

no image

毎日のお通じがない人は要注意!甘く見ないで、便秘が招く危険な病気…

便秘の定義と種類を知る!体が冷えやすい女性などが特に陥りやすいですよね。排泄物が大腸に溜まっているの

記事を読む

no image

鼻水、鼻づまり、痰。それってただの風邪じゃないかも。副鼻腔炎ってどんな病気?

副鼻腔炎って何?副鼻腔炎には急性副鼻腔と慢性副鼻腔があります。副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症

記事を読む

no image

意外と危険!?2つのポイントで「鼻の老化」について知ろう

鼻の老化と聞いてもピンとこない人が多いかもしれません。 嗅覚自体が衰えるのはもちろんのこと、見

記事を読む

no image

怖いアミロイド肝という病気とは?

アミロイド肝って何?アミロイド肝という病気は、いったいどういった病気なのでしょうか?アミロイド肝は、

記事を読む

no image

知らないと怖い…!アミロイド肝の治療法はどのようなものがあるの?

アミロイド肝の治療法はどのようなものなのでしょうか?アミロイド肝というのは、全身性アミロイドーシスの

記事を読む

no image

よく耳にする脂肪肝!危険度「高」の脂肪肝って、そもそもどんなものなの?

よく脂肪肝という言葉を聞きますが、具体的にはどういった肝臓のことをいうのでしょうか?簡単に説明すると

記事を読む

no image

年齢は関係ない!若い人と中高年に多い網膜裂孔・網膜剥離とは

網膜は、眼球の奥にあり、ちょうどカメラのフィルムのような役割を果たしています。網膜には光を感じる「視

記事を読む

no image

鼻づまりがひどくてつらい…放っておくと危険かも。慢性鼻炎の特徴と対処法

慢性鼻炎の鼻の中は、粘膜が赤く腫れています。さらに炎症が長引くと粘膜が分厚くなり、硬くなることや、逆

記事を読む

no image
胸(おっぱい)の悩みを解決するための食べ物3選

女性の悩みの一つに「バストサイズ」 が挙げられますよね。 ふとした瞬

no image
夏の冷え症!冷たいものがおいしい季節が実は怖い!?

暑くなってくると、冷えたビールに酎ハイ、かき氷やアイスクリーム

no image
美容効果だけでは無い!カルシウムを補助するビタミンCの効果とは?

皆さんは「ビタミンC」と聞きますと、多くは「美容効果」に着目すると思い

no image
「みんな使ってるBBクリーム!流行の背景と人気の秘訣は?」

BBクリームは、もはやみんなが使っている定番アイテムになりつつあります

no image
毛穴の詰まり・黒ずみ解消にはコレ! 毛穴ケアにおすすめのアイテム

「なんだか最近、肌のざらつきが気になる…」「ぽつぽつとした黒ずみが目立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑