*

高濃度水素水を武蔵小杉東急スクエアで!効果のほどは?

公開日: : 水素水 , ,

武蔵小杉東急スクエアに入っている「大野商店」に入っている高濃度水素水サーバー「リアルドラフト」を飲み始めて2ヶ月が経ちました。
夫婦二人で3リットルの水をだいたい半分ずつ飲見続けています。1、2ヶ月目ともにほぼ毎日汲みに行くことができているので1ヶ月分のカードを購入した分はしっかりと使うことができてます^^

2ヶ月間実際に使ってみての感想なんかを書いてみます。

スポンサードリンク

健康状態に変化はあった!?

1枚のカードで1日あたり1.5リットルの水素水を汲むことができてそれを夫婦二人で飲んでいます。
ちなみに、リアルドラフトの高濃度水素水には専用のボトルがあって、ボトル1本につき500ml入ります。ボトルはアルミタイプと特殊なペットボトルタイプがあるのですが、どちらも同じサイズです。

リアルドラフトボトル

使い始めたきっかけは二つあります。

水素水の効能をいろいろと聞いたからというのがひとつめ。
・便秘解消
・湿疹が改善された
・疲れた という言葉をあまり言わなくなった
・肌が明るくなって化粧乗りがよくなった
・福岡ソフトバンクホークスにも導入されている(ということは結構いいはず!)
ということを見聞きしたからというもの
店頭にはこんなボードがあります。
高濃度水素水効果

スポンサードリンク

二つ目は、手湿疹を何とかしたい という思いからです。子供が生まれてからというもの家事に育児にと手湿疹が痒くて痛くて仕方ない状態になっているのでそれがちょっとでも改善できたらなあというものでした。

実際の健康状態を振り帰ってみると、ここ2か月は便秘にはなっていないなという感じでその点はよかったです。
だけど、そこまで大きな違いは感じていないというのが正直なところです。これはもしかすると飲む量が関係しているのかもしれません。1日2~3本(1リットルから1.5リットル)飲むことをお勧めしますとあるのですが、我が家では夫婦で3本なので、1人あたりだと1.5本しか飲んでないんです。「飲む量をある程度確保するというのは大事そう!」というのが実感です。

汲みに行くのが面倒だとか、自宅や職場で量を気にせずに水素水をお試ししたい場合には、携帯タイプの水素水生成器があります。

>>>どこでもたっぷり水素水が飲める携帯型水素水生成器

使いやすさや飲みやすさは!?

汲みに行くのは毎日仕事帰りに行っています。東急スクエアの閉店時間9時までは利用できるので、たいていの日は間に合います。もしどちらかが間に合わない場合には、夫婦で汲みに行く方を決めています。たいていどちらかは間に合うので。通勤途中にあるので、汲みに行くこと自体はそこまで負担に感じていません。東急スクエアも駅に直結していますし。

飲んだ感想としては、まろやかで飲みやす(気がします!)水のおいしさは、正直そこまでわからないんですが、臭みや癖は全然感じません。

3ヶ月目も継続する・・?

1ヶ月でカードの期限が切れるのですが、もうすぐ3か月目の更新タイミングが来ます。2か月間使ってみて、そこまで劇的に効果を実感できているわけではないし、そもそも「水素水は効果ないのでは?」という話もある一方で、効果あるという話も聞きます。私としては、「可能性がある」んだったら5年後10年後の自分のための投資と思って続けようと思っています。

スポンサードリンク

関連記事

リアルドラフトボトル

水素水リアルドラフトの設置店を武蔵小杉に発見!早速試してみます

今日から水素水 リアルドラフト生活を開始しました! 様々な病気の原因となるといわれる活性酸

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
冷えたビールにかき氷やアイスクリーム。冷たいものがおいしい季節が実は怖い!「夏の冷え症」とは

暑くなってくると、冷えたビールに酎ハイ、かき氷やアイスクリームなど

no image
美容効果だけでは無い!カルシウムを補助するビタミンCの効果とは?

皆さんは「ビタミンC」と聞きますと、多くは「美容効果」に着目すると思い

no image
「みんな使ってるBBクリーム!流行の背景と人気の秘訣は?」

BBクリームは、もはやみんなが使っている定番アイテムになりつつあります

no image
毛穴の詰まり・黒ずみ解消にはコレ! 毛穴ケアにおすすめのアイテム

「なんだか最近、肌のざらつきが気になる…」「ぽつぽつとした黒ずみが目立

no image
人からの印象を変える唇メイクの魔法の比率をおしえます!

メイクの中で、その人の印象を大きく変えてしまう部分はどこだと思いま

→もっと見る

    PAGE TOP ↑