*

フリーラジカルとは?の大雑把だけどわかりやすい説明!

公開日: : 最終更新日:2016/09/07 体づくり ,

フリーラジカル「フリーラジカルがたくさん体内で発生すると健康によくないらしい」ということを何となく知っている方は多いようです。その呼び名からしてなんだかカラダに悪そうな響きがありますよね。そんなフリーラジカルの説明の中で必ずと言っていいほど出てくるのが「カラダの酸化」というお話。このふたつの言葉ってどう関係するの!?
というところを大雑把だけどわかりやすく説明します!

わかりやすい!!はず。。
分かりにくい場合にはコメント頂けるとうれしいですm()m

スポンサードリンク

フリーラジカルとは?

フリーラジカルの特徴をまとめると大雑把にまとめるとこのような感じです。

・適切な量だったら体に必要
・体内で増えすぎると正常な細胞を破壊してしまう!
・フリーラジカルが増える原因がある。
・フリーラジカルを抑える生活習慣や食生活がある。
詳しく見ていきましょう。

まず、フリーラジカルというのは、「周りのものとよく反応して酸化させてしまう物質」です。「活性酸素」というのもフリーラジカルのひとつで、体をサビさせるというのでよく出てきますね。

適切な量だったら体に必要な物質で、病原体を攻撃して破壊する働きがあります。がん細胞が増殖する前に消滅させるのにも一役買ってくれます。また、血圧を適切に調整してくれたり、細胞間での情報のやり取りに使われる神経伝達物質として働くものもあります。

ですが、体内で増えすぎると、正常な細胞も破壊してしまう恐ろしいものになってしまいます。これは、フリーラジカルが物を酸化させやすい性質があるためで、酸化された物はそれ自身もフリーラジカルとなる連鎖反応が発生しどんどん酸化が進みます。そうして細胞膜も酸化変形して細胞が死んでしまいます。これがガンや動脈硬化、肌の老化などのさまざまな病気や症状を引き起こすと考えられているのが「フリーラジカル説」で、「老化のメカニズム」としていくつかの説がある中で有力とされています。

スポンサードリンク

フリーラジカルが増える原因としては次のものが挙げられます。

過度のストレス、運動しすぎ、残留農薬、大気汚染、
紫外線、食品添加物、たばこ、重金属 などなど
これらをできるだけ取り除くことが大事です!ただし、これらを全部取り除くことは難しい面も多々あります。大気汚染や紫外線、食品添加物だって完全に取り除こうとするとだいぶん大変です。というよりも、ほぼ不可能に近いことですね。

なので、生活習慣や食生活でフリーラジカルの発生を抑えたり減らすようにしていきましょう。
具体的には「抗酸化」でフリーラジカルから体を守るというのがポイントになります。

抗酸化力についてはこちら。

抗酸化作用とは?美容や健康にいい本当の理由

また、抗酸化力の高い食べ物についてはこちらの記事にまとめてあります。

抗酸化作用のある食べ物で美容を保ちストレスと疲労に強くなろう

さいごに

いかがだったでしょうか。大雑把ではありますができるだけわかりやすくまとめてみました。
フリーラジカルを大量発生させないためには、ストレスをためすぎないことも大事。そのあたりはこちらの記事にありますのでストレスでぐったり疲れがちの方はこちらの記事もどうぞ!(さっき紹介した記事と同じです。)

ストレスを感じるときに食べたい食品!

スポンサードリンク

関連記事

no image

下半身デブは、骨盤の歪みが原因かもしれません

ダイエットしても、下半身だけ痩せない。 筋トレしても、何をしても痩せない人は、骨盤がゆがんでいる

記事を読む

no image

なつかしのアノ健康食品が「コンブチャ」になって日本再上陸!

アメリカで今一番売れている健康食品「kombucha(コンブチャ)」。 スーパーモデルのミラン

記事を読む

お姉さん

老化の症状!この3つが現れたら始まりかも!?

「人は、20歳を過ぎたあたりからは少しずつ老化が始まっていく」 と聞いたことがあります。

記事を読む

no image

今までの筋トレは間違っていた!?筋トレで間違いやすいポイント

「毎日筋トレをしているのに筋肉が付かないな…」 「筋肉が付くどころか痛みだけが増すだけだよ…」

記事を読む

no image

アミノ酸サプリ×運動で体スッキリサポート!

健康的に痩せたいけど、毎日仕事でご飯を作る時間がない… もしくは料理を食べるのは好きだけど作る

記事を読む

no image

ぎっくり腰になったらしてはいけない処置と痛みの正体とは!?

突然やってくる恐怖のぎっくり腰、これは実は病名ではありません。 しかも、原因は1つではなく、捻

記事を読む

no image

年齢と体型の変化には深い関係があった。あなたの体型年齢は何歳ですか?

年齢と体型の変化にはどのような関係があるの?10代後半、成長ホルモンの分泌が落ち着き、バスト、ヒップ

記事を読む

no image

男性・女性に嬉しいビタミンB6|3つの効果で皆さんの健康を保ちます!

「今日も飲みすぎたな…」「最近高血圧になるな…」「生理の痛みが酷い…」等のような経験をされた人も多い

記事を読む

no image

立ち姿がきれいに見える秘訣は足首のくびれだった!ながら体操で美しいくびれを手に入れよう!

ヒールやサンダルを履いた女性の足首には割と目線が行きやすいものです。そして、キュッと締まった足首の女

記事を読む

no image

一日中エアコンをつけたらどうなるの?

一日中エアコンつけたら電気代はものすごいことになる?と思ってませんか。 実際は、あまり電気代、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
胸(おっぱい)の悩みを解決するための食べ物3選

女性の悩みの一つに「バストサイズ」 が挙げられますよね。 ふとした瞬

no image
夏の冷え症!冷たいものがおいしい季節が実は怖い!?

暑くなってくると、冷えたビールに酎ハイ、かき氷やアイスクリーム

no image
美容効果だけでは無い!カルシウムを補助するビタミンCの効果とは?

皆さんは「ビタミンC」と聞きますと、多くは「美容効果」に着目すると思い

no image
「みんな使ってるBBクリーム!流行の背景と人気の秘訣は?」

BBクリームは、もはやみんなが使っている定番アイテムになりつつあります

no image
毛穴の詰まり・黒ずみ解消にはコレ! 毛穴ケアにおすすめのアイテム

「なんだか最近、肌のざらつきが気になる…」「ぽつぽつとした黒ずみが目立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑