*

タマリンドを食べてみた!カルディで売っているやつの味の感想☆

公開日: : 最終更新日:2018/08/22 食生活 , ,

中国人の知人が大好きだと聞いていた「タマリンド」のお菓子をカルディで見つけたので買ってきて食べてみました。以前、東南アジア系の卸し店に行ったときに買ったタマリンドのお菓子とジュースは激甘だったのでどうかなーと不安と期待が入り混じりながら帰って食べてみた感想です。

スポンサードリンク

タマリンドをカルディで発見☆味は??

こちらがタマリンド(別名インディアンデーツ)のお菓子。お菓子の実物を撮るの忘れてしまいました!が見た目は枝豆の形をしていて色はカリントウのような色です。
カルディ タマリンド
味は、プルーンのような感じで触感はプルーンよりも堅めです。何といえばいいんでしょうね。枝豆を皮ごと食べてるような触感です。伝わりにくいですかね。。
主にインドや東南アジアで採れるマメ科の植物で、トムヤンクンに入っていたりとタイやフィリピンでは料理によく使われていますし、日本の加工食品にも天然の香料として食材にも使われたりしています。

スポンサードリンク

東南アジアではお菓子として食べたりジュースになっていたりと人気者の食材です。

参考:https://www.bangkoknavi.com/special/5000948

蒸し暑い地域で好まれる食材なだけあって、疲労回復や新陳代謝を促進してくれる効果があります。
あと、胃腸を整えてくれて便秘解消にもいいということで、またたまに食べようと思います。

カルディで売っているタマリンドの栄養成分はこちら。
タマリンド栄養成分

スポンサードリンク

関連記事

no image

すごいパワーが隠されていた!更年期をサポートしてくれる納豆の効果とは

納豆の原料は大豆。「畑の肉」と呼ばれるだけあって、 良質なたんぱく質が豊富に含まれています。

記事を読む

野菜写真

抗酸化作用のある食べ物で美容を保ちストレスと疲労に強くなろう

抗酸化作用でカラダの酸化を防ぐことで肌やきれいに保つ美容効果や病気になりにくい体質を作りたい!そ

記事を読む

no image

ひじきを食べるのは日本人だけ

外国で、ひじきはヒ素が含まれているから食べないほうがいい食品に なってしまいましたが、日本では

記事を読む

no image

美容・アンチエイジングに効果のある昆布を摂取しましょう!

出汁をとる・おでんの具材・おにぎりの具・お寿司では鯛との相性が良い等、昆布は多くの料理で活用されてい

記事を読む

no image

夏の冷え症!冷たいものがおいしい季節が実は怖い!?

暑くなってくると、冷えたビールに酎ハイ、かき氷やアイスクリームなど、 冷たいものを食べ

記事を読む

no image

毎日1杯の豆乳が嬉しい効果をもたらす!

豆乳は、煮た大豆を絞った汁です。 だから大豆のパワーをそのまま吸収することがでいるので

記事を読む

no image

日本人ならおいしいお茶をいれたい!

急須に茶葉を入れてお湯を入れればいいと思っていませんか。 お茶は、温度で香りと味が変わってきま

記事を読む

no image

コーヒーのパワーを知って損はない!

コーヒーは健康効果があるといわれています。 それはコーヒーの2大成分のカフェインとポリフェノール

記事を読む

野菜写真

結局その食べ物は体に良い?悪い?どっちなの?

「○○を食べるのは体に良いの?悪いの?結局どっち!?」 そう思うことってないでしょうか? 健

記事を読む

no image

大ブームを起こした酵素と健康に良い玄米を合わせた酵素玄米の威力とは!

一時期、私たちに美容や健康の商品ブームを起こした 芸能人のローラさんが紹介したものの中にあった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これでわかる!漢方医学 第二回 ~西洋医学と東洋医学・漢方医学の違い~

第二回目の今回は、漢方医学の「西洋医学と東洋医学・漢方医学の違

これでわかる!漢方医学 第一回 ~漢方医学の歴史~

「漢方医学」についてわかりやすく解説をしていきたいと思います。

no image
犬のダイエット〜深刻なペットの肥満問題

現代社会でペットの肥満は 人間と同様、深刻な問題。 うちの子達、ビー

no image
エッセンシャルオイルの使い方や効能〜レモンオイル編

レモンが私達の身体に良い事は 皆さんもご存知だと思いますが、 なんとレ

no image
エッセンシャルオイルの使い方と効能〜ペパーミントオイル編

ガムや歯磨き粉でお馴染みの ペパーミントですが、 スペアミントとウオー

→もっと見る

PAGE TOP ↑