*

最近韓国で流行っているMERSコロナウィルスって一体どんなもの?

公開日: : 最終更新日:2017/10/08 季節の病気 ,

韓国で拡大が恐れられている新型ウィルスMERSコロナウィルス。

累計25名の確定感染者が確認され、そのうち2名が死亡したとのことです。

日本にも近いところであり、その症状や危険性など、

気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、MERSコロナウィルスについてご紹介します。

スポンサードリンク

MERSとは?

中東呼吸器症候群と呼ばれているこの症状は2012年に初めて確認されました。

原因はMERSコロナウイルスによるとされています。

調査の結果、ヒトコブラクダがMERSコロナウィルスの

保有動物である可能性が生じてきました。

症状は発熱やせき、息切れなど一見風邪に似ています。

しかし恐ろしいことに、MERS患者の内、

死亡した割合は約36%だと判明しています。

致死率が比較的高いのです。

世界保健機関によると感染者が認知されてから累計で1154人の発症が確認され、

死亡者数は434人に及んでいます。

 

具体的な予防策は

外務省によるとMERSコロナウィルスは飛沫感染や接触感染で伝播するとのことです。

まだワクチンなどの予防方法もないので、

それに応じた予防策が推奨されています。

スポンサードリンク

・免疫を高めるために休息や休養を十分に取る

・手や指を清潔にする

・マスクの着用をして人混みを避ける

・高熱、咳、呼吸困難の症状が出たら専門医にかかる

以上の予防策などに加えて、中東地域ではウィルスの感染源である

ラクダとの接触を避けるようにも予防を促しています。

その他、50歳以上の高齢者が重症化しやすいので

合わせて覚えておく必要があるとしています。

 

旅行の時の注意は?

エボラウイルスにより海外旅行には

細心の注意をしなくてはならない時期がありました。

ただ、アフリカを中心とした出来事であったため

身近に感じる方も少なかったのではないでしょうか。

ですが、今回発生が騒がれたのは韓国です。

日本に近いことが一つの懸念材料です。

韓国をはじめとした海外旅行をしたいという方にとって、

MERSウィルスについてはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

まずは、外務省海外安全ホームページなどで

渡航先が感染注意地域になっていないかどうかを確認しましょう。

また、感染地域に行ってしまった場合は帰国時に

空港の検疫所に相談をすることも大切です。

帰国後14日以内にMERSの症状が疑われたら、

病院でなく最寄りの保健所に連絡を取りましょう。

ウィルス検査をできる病院を探してもらうことで迅速な対処をしてもらえます。

 

最後に

韓国保健福祉省の記者会見を受けて、

6月下旬になりMERSの感染者は減少傾向にあるとされています。

今後MERSウィルスの動向に注目が集まります。

いざという時のために最低限の知識は蓄えておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

no image

大人に襲い掛かる風疹|風疹はなぜ発生すると危険な病気なの?

2012年~2013年、ある病気が多くの大人に襲い掛かり 最大で1万人以上の方が発症した症状が

記事を読む

no image

ノロウイルス発症の原因と高齢者のいる家での注意

冬のシーズンには、雑誌や新聞、テレビでもいろいろと話題になっている「ノロウイルス」。 施設で集

記事を読む

no image

ノロウイルスは同じ季節に2回かかる?

お年寄りの設備で、ノロウイルスのグループ感染をやってしまったら、皆さんがひとりひとり、合併症に陥る心

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
胸(おっぱい)の悩みを解決するための食べ物3選

女性の悩みの一つに「バストサイズ」 が挙げられますよね。 ふとした瞬

no image
夏の冷え症!冷たいものがおいしい季節が実は怖い!?

暑くなってくると、冷えたビールに酎ハイ、かき氷やアイスクリーム

no image
美容効果だけでは無い!カルシウムを補助するビタミンCの効果とは?

皆さんは「ビタミンC」と聞きますと、多くは「美容効果」に着目すると思い

no image
「みんな使ってるBBクリーム!流行の背景と人気の秘訣は?」

BBクリームは、もはやみんなが使っている定番アイテムになりつつあります

no image
毛穴の詰まり・黒ずみ解消にはコレ! 毛穴ケアにおすすめのアイテム

「なんだか最近、肌のざらつきが気になる…」「ぽつぽつとした黒ずみが目立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑