*

炎症が起きている「だけ」なんて思わないで!軽く考えてはいけない歯髄炎と歯根膜炎!

公開日: : 最終更新日:2017/10/19 口のトラブル , ,

歯髄炎というのは、簡単に言うと神経の仲間である

歯髄神経と血管が通っている歯髄という部分から、何かしらの原因によって、

炎症を起こしてかなり強い痛みが出ることを言います。

これは知覚過敏と似ているところがあって、

歯の痛みやしみるということを考えてみると、

知覚過敏も歯髄炎の仲間に入るかもしれません。

知覚過敏というと、皆さんもよく御存じですね。

また、歯髄炎といっても症状が慢性的なのかそれとも、

一時的なものなのか見分ける必要があります。

それによって、治療の方法が違います。

できるだけ早めに歯医者へ行くことをお勧めします。

スポンサードリンク

歯髄炎の症状と診断は?

知覚過敏や歯髄炎を疑うのは、

「歯がしみる」とか「ずきずき痛む」などの症状が出てきます。

このような症状がでてきたら、

歯肉炎や知覚過敏を疑ってもいいかもしれません。

では、歯医者に行くとどういう対処をしてくれるのでしょうか?

歯医者では、問診や視診はもちろん、

温度診と言われるテスト・打診と言われるテスト・X線診などが行われます。

温度診とは、歯が冷たいものにしみるのか

温かいものがしみるのか診断していきます。

打診は、歯を軽く叩いてその傷み具合のチェック、そしてX線での検査ですが、

これで歯髄炎の可能性がある時は、「電気歯髄診断器」という機械を使います。

そしてまだ歯髄が生きているのかどうかを観ます。

そしてどのような治療をしていくかどうかを見極めていきます。

スポンサードリンク

 

歯根膜炎とは?

歯髄炎は、虫歯等で神経まで達し、

その神経系統に細菌が入り込み痛みを生じたりしますが、

歯根膜炎は、細菌感染の場合と細菌感染以外の場合があります。

感染ではない場合は、外傷の打撲からくるのが原因である場合や

かみ合わせが悪く、ある歯だけが当たる咬合性外傷などがあります。

症状としては、細菌感染ではない場合は、

打診のときの痛みや歯茎が赤く腫れる、歯が浮く感じがあります。

感染性の場合は、打診の際は痛みがあり、

軽く歯がグラグラ動くこともあります。

それから歯茎が腫れてきて、ついには唇や頬が腫れ、

歯茎に膿が溜まるようになってきます。

治療方法としては?

歯髄炎のときは、歯髄を取らないで、薬によって炎症を抑える方法をとります。

歯根膜炎では、感染性ではない場合は、

原因を除去して安静にしていると、数日で治ってきます。

しかし、感染の場合は、根幹治療が必要になってきます。

根幹治療をすれば良くなってきます。

感染性の場合は、治療が遅れれば遅れるほど、

頬がはれてきたり膿がたまってきたりしますので、

早めに歯医者へ行って治療することをお勧めします。

スポンサードリンク

関連記事

no image

口の中だけじゃなかった!全身の健康にも影響する「オーラルケア」

皆さんは、オーラルケアグッズはどのようなものをお使いですか? スーパーやドラッグストアには、さ

記事を読む

no image

歯が丈夫な人はハゲやすく、歳をとっても髪が多い人は歯が弱い。これって本当?

「歯が丈夫な人はハゲやすく、歳をとっても髪が多い人は歯が弱い」と、 漢方では言われていますが

記事を読む

no image

炎症が起きているかも!口の臭いでわかっちゃう病気・歯周病とは?

歯周病とは、歯茎が細菌によって炎症を起こしていることを言います。歯と歯茎の境目は、歯周ポケットといい

記事を読む

no image

一生懸命きれいに磨いているのになぜ?歯周病のための効果的な歯磨き法

食後や寝る前などに歯を一生懸命磨いていたにもかかわらず、 歯周病になってしまったという人も多い

記事を読む

no image

実はよく知らない。歯根嚢胞(しこんのうほう)ってどういう病気?

皆さんの中で、歯医者に行ってレントゲンを撮り、 黒い影があると指摘されたことはありませんか?

記事を読む

no image

単なる歯肉炎だと思っていませんか?急性壊死性潰瘍性歯肉炎

すでに歯肉炎にかかっていた人が合併症を発症すると、 この急性壊死性潰瘍性歯肉炎になりま

記事を読む

no image

実は逆効果?歯磨きし過ぎに注意!?口臭の原因と歯磨きのコツ!

誰かと話しているときに、不意に気になるのが口臭です。相手が口もとを手で覆っていることがあったら気が気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
胸(おっぱい)の悩みを解決するための食べ物3選

女性の悩みの一つに「バストサイズ」 が挙げられますよね。 ふとした瞬

no image
夏の冷え症!冷たいものがおいしい季節が実は怖い!?

暑くなってくると、冷えたビールに酎ハイ、かき氷やアイスクリーム

no image
美容効果だけでは無い!カルシウムを補助するビタミンCの効果とは?

皆さんは「ビタミンC」と聞きますと、多くは「美容効果」に着目すると思い

no image
「みんな使ってるBBクリーム!流行の背景と人気の秘訣は?」

BBクリームは、もはやみんなが使っている定番アイテムになりつつあります

no image
毛穴の詰まり・黒ずみ解消にはコレ! 毛穴ケアにおすすめのアイテム

「なんだか最近、肌のざらつきが気になる…」「ぽつぽつとした黒ずみが目立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑