*

一日中エアコンをつけたらどうなるの?

公開日: : 最終更新日:2017/09/27 体づくり ,

一日中エアコンつけたら電気代はものすごいことになる?と思ってませんか。

実際は、あまり電気代、変わらないのが事実です。

エアコンの電気代が一番かかるのは、エアコンのスイッチを入れたとき!

頑張って部屋を冷やそうと消費電力が大きくなるからです。

スポンサードリンク

エアコンつけっぱなしの電気代

夏になると必需品になるのがエアコンです。

エアコン、節約のために、つけたり消したりしたほうがいいと思ってしまいますが、

付けっ放しでも電気代が同じかもしれなのです。

エアコンの電気代が一番かかかるのは、

スイッチを入れたとときだといわれています。

エアコンは、約8畳から12畳タイプのものだと、

消費電力は155〜1150Wになります。

エアコンは、スイッチを入れて立ち上がるときが一番電力を消費するのです。

エアコン、冷房が設定温度になるように頑張って動き始める1時間は、

約30円くらいかかるそうです。

でも設定温度になってくるとエアコンの動きが安定期になるので、

1時間、約3円程度になってしまいます。

では、24時間付けっ放しだと、エアコンが立ち上げる1時間と

安定期の23時間をざっくりとした単純計算ですが、

30円+(3円×23時間)=99円になります。

1日約100円の電気代になるのではないでしょうか。

6時間の場合は、30円+(3円×6時間)=48円になります。

1日の中で、エアコンのスイッチを2回入れてしまうと、

電気代は高くなるということになります。

エアコンは家にいるときだけで、外出のときはもったいないからと思って

止めてしまいますが、外出時間が、数時間と短い場合は、

エアコンを入れっ放しのほうが電気代がかからないようです。

スポンサードリンク

 

エアコンの上手な節約方法


エアコンの冷房の電気代は、設定温度が下がるほど高くなります。

外と部屋の中の温度がありすぎると、エアコンの消費電力が上がります。

27度に設定した場合、部屋の温度が上がらないような工夫をすると、

エアコンは安定期のままでいます。

部屋を効率よく冷やすことも節約になってくるので、

サーキュレーターや扇風機を使って空気を循環させてあげましょう。

またフィルターをこまめに掃除をすることで、効率よく冷やすことができます。

日光が入ってくる場合、昼間でもカーテンを閉めたり、

部屋の温度を上げないような工夫も必要です。

節約のポイントは、部屋の中以外に、

室外機がエアコンの消費電力の9割も使っているといわれています。

室外機に直射日光を当てないようにしたり、

風通しをよくするなど、ちょっとした工夫をしてみるといいでしょう。

 

最後に

エアコンのつけっぱなしは、確かに電気代がかからないですが、

例えば、日中、仕事で夜まで家を留守にするといった長時間いない場合は、

エアコンを入れないほうが、電気代がかからないです。

ペットがいる場合は、ペットの熱中症対策として、

エアコンをつけっぱなしにてあげたほうが、もちろんいいです。

古いエアコンは消費電力がかかるので、

新しいエアコンに買い換えるという節約方法もあります。

エアコンに対しての考え方は人それぞれあると思います。

でも、ひと昔のように、もったいないからエアコン止めて、

また暑くなったら入れてといった方法は、

しないほうがいいということは確かなことにです。

 

スポンサードリンク

関連記事

フリーラジカル

フリーラジカルとは?の大雑把だけどわかりやすい説明!

「フリーラジカルがたくさん体内で発生すると健康によくないらしい」ということを何となく知っている方は多

記事を読む

no image

立ち姿がきれいに見える秘訣は足首のくびれだった!ながら体操で美しいくびれを手に入れよう!

ヒールやサンダルを履いた女性の足首には割と目線が行きやすいものです。そして、キュッと締まった足首の女

記事を読む

no image

あなたの歩き方は大丈夫?健康的な歩き方の基本4つ! 

歩き方は人それぞれ異なります。 個性があっていいことではないかと思ってしまいがちですが、 そ

記事を読む

no image

急な立ちくらみでクラクラ…そんな貧血の悩みを解消します!貧血の原因と解決策

「今日も立ちくらみが…」「大事な会議があるのに貧血が酷い…」等のように、 多くの人を悩ませる貧

記事を読む

no image

今までの筋トレは間違っていた!?筋トレで間違いやすいポイント

「毎日筋トレをしているのに筋肉が付かないな…」 「筋肉が付くどころか痛みだけが増すだけだよ…」

記事を読む

no image

目からウロコ!筋肉の性質を知って、運動後の筋肉痛を軽減させよう!

普段重いものを持たないのに、部屋の模様替えをした。普段運動をしないのに、子供の運動会で張り切って競技

記事を読む

no image

日常生活で腰痛を出さない方法

腰痛や坐骨神経痛が起こる場合、整形外科で治療を行いますが、治療と同時に日常生活での自己管理も非常に重

記事を読む

no image

立って仕事が大ブーム!

今、長時間座りっぱなしでいることの危険性が広く認識され、 立って仕事をする人が増えているとされ

記事を読む

お姉さん

老化の症状!この3つが現れたら始まりかも!?

「人は、20歳を過ぎたあたりからは少しずつ老化が始まっていく」 と聞いたことがあります。

記事を読む

no image

冬太りからの薄着の季節…、憂鬱なお腹周りを改善してスッキリ体型を目指そう!

これからの季節、気温や湿度が徐々に上がり 身に着けている衣服が軽くなりますよね。 そうなって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
胸(おっぱい)の悩みを解決するための食べ物3選

女性の悩みの一つに「バストサイズ」 が挙げられますよね。 ふとした瞬

no image
夏の冷え症!冷たいものがおいしい季節が実は怖い!?

暑くなってくると、冷えたビールに酎ハイ、かき氷やアイスクリーム

no image
美容効果だけでは無い!カルシウムを補助するビタミンCの効果とは?

皆さんは「ビタミンC」と聞きますと、多くは「美容効果」に着目すると思い

no image
「みんな使ってるBBクリーム!流行の背景と人気の秘訣は?」

BBクリームは、もはやみんなが使っている定番アイテムになりつつあります

no image
毛穴の詰まり・黒ずみ解消にはコレ! 毛穴ケアにおすすめのアイテム

「なんだか最近、肌のざらつきが気になる…」「ぽつぽつとした黒ずみが目立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑