*

ひじきを食べるのは日本人だけ

公開日: : 最終更新日:2017/09/29 食生活 ,

外国で、ひじきはヒ素が含まれているから食べないほうがいい食品に

なってしまいましたが、日本では問題なく食べています。

本当にひじきって食べないほうがいいの?ひじきのこと、

ちゃんと知れば食べても大丈夫なのです。

スポンサードリンク

ひじきって健康にいい食べ物?

日本では昔からひじきは体にいいといわれてきたと思います。

でもここ10年くらい、外国ではひじきは健康を害する食べ物とされています。

その理由は、ヒ素が含まれているからです。

ヒ素には、有機ヒ素を無機ヒ素にわかれ、

ひじきは無機ヒ素が含まれているからなのです。

ひじきに含まれている無機ヒ素のほうが毒性が強いのです。

ヒ素は、農薬や殺鼠剤に使われていたり、体に入ると、ガンや心血管疾患、

神経疾患、糖尿病の発症がある可能性があるのです。

ヒ素が含まれているひじき、本当に食べても大丈夫なのでしょうか。

無機ヒ素の摂取量ですが、体重が50kgの成人の場合ですが、

1日に107マイクロgまでは問題ないといわれています。

ひじきに含まれる無機ヒ素は、ひじき1kgに対して最大で22.7マイクロgになります。

ひじきを1日に4.7g以上食べなければ体に影響を与えることはないです。

日本人のひじきの平均摂取量は、1日に0.6g程度なので、

無機ヒ素の影響を受けるということはなさそうです。

毎日、丼1杯のひじきを食べるという量だったら、問題があるかもしれません。

 

日本人のDNAだから健康にいい食べ物


ひじきを生で食べるということはあまりないと思います。

スポンサードリンク

ひじきを料理するときは、乾燥ひじきを水に戻してから作っていくと思います。

ひじきの料理は、乾燥ひじきを水戻し、

茹でこぼしといった下ごしらえをしてから、

煮たり炒めたりと料理していきます。

無機ヒ素は、水溶性なので、ひじきを水につけることで、

かなりの無機ヒ素が水に溶け出してしまうのです。

乾燥ひじきを水に30分戻して水を捨てた場合は、

無機ヒ素は、50%近く減少します。

ひじきを水から入れてお湯で5分ほど茹で、

茹でたお湯は捨てるという茹で戻しを行うと、80%も減少します。

さらに、30分水戻しをしてから茹で戻しをするという茹でこぼしをすると、

90%減少するそうです。

ひじきを戻した汁は、ヒ素が含まれているので、

料理には使わないほうがいいでしょう。

ひじきにはヒ素が含まれてはいますが、

鉄分、カルシウム、食物繊維と豊富な海藻です。

日本人は昔からひじきを食べてきたので、

ひじきのいいところをちゃんと体が吸収してくれるDNAを持っているそうです。

例えばですが、キムチは発酵食品で腸にいいといわれてますが、

韓国人が食べた場合と日本人が食べた場合では、体での吸収率が違うそうです。

海苔もそうですが、欧米人は昔から海苔を食べないので、

海苔が健康にいいといっても、

欧米人には、海苔のいいところは吸収されないのです。

これは、体に刻み込まれたDNAの仕業です。

ひじきは昔から体にいいといわれてきおり、

ひじきの毒は水に溶けることも知っていたのかもしれません。

 

最後に

ひじきに含まれている無機ヒ素のほとんどは、

料理の下ごしらえでほとんど流れてしまいます。

ひじきの栄養としての鉄分、カルシウム、

食物繊維はちゃんと残っているので、健康のために食べても問題はないのです。

スポンサードリンク

関連記事

no image

脂肪を燃焼してくれる飲み物ってあるの?

脂肪を燃焼してくれる飲み物は、特別な飲み物ではありません。 毎日飲んでいるものだったり、知ってい

記事を読む

no image

すごいパワーが隠されていた!更年期をサポートしてくれる納豆の効果とは

納豆の原料は大豆。「畑の肉」と呼ばれるだけあって、 良質なたんぱく質が豊富に含まれています。

記事を読む

no image

寒い季節におススメ!スーパー調味料『酢ショウガ』で健康家族

暑さの厳しい夏がやっと終わったと思ったら、いつの間にか肌寒くなり冬の気配ももうすぐそこ。 今年は早

記事を読む

野菜写真

抗酸化作用のある食べ物で美容を保ちストレスと疲労に強くなろう

抗酸化作用でカラダの酸化を防ぐことで肌やきれいに保つ美容効果や病気になりにくい体質を作りたい!そ

記事を読む

地中海式食事ピラミッド

地中海式食事のピラミッド!健康な料理を支える食品をどう食べる!?

「地中海型食生活は予防医学のモデルケースだ」 (ハーバード大学公衆衛生大学院 ウィレット教授)

記事を読む

no image

毎日1杯の豆乳が嬉しい効果をもたらす!

豆乳は、煮た大豆を絞った汁です。 だから大豆のパワーをそのまま吸収することがでいるので

記事を読む

no image

美容・アンチエイジングに効果のある昆布を摂取しましょう!

出汁をとる・おでんの具材・おにぎりの具・お寿司では鯛との相性が良い等、昆布は多くの料理で活用されてい

記事を読む

りんご

抗酸化作用とは?美容や健康にいい本当の理由

「カラダの錆を取ってくれる?」 「アンチエイジングに関係がある?」 「皮膚の老化を防ぐ抗酸化作用

記事を読む

no image

鉄分豊富!鉄分補給に欠かせないレバーの美味しい食べ方とは

鉄分は不足すると酸素が全身に十分に行き渡らなくなります。その状態が「鉄欠乏症貧血」といわれ、特に若い

記事を読む

no image

日本人ならおいしいお茶をいれたい!

急須に茶葉を入れてお湯を入れればいいと思っていませんか。 お茶は、温度で香りと味が変わってきま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
胸(おっぱい)の悩みを解決するための食べ物3選

女性の悩みの一つに「バストサイズ」 が挙げられますよね。 ふとした瞬

no image
夏の冷え症!冷たいものがおいしい季節が実は怖い!?

暑くなってくると、冷えたビールに酎ハイ、かき氷やアイスクリーム

no image
美容効果だけでは無い!カルシウムを補助するビタミンCの効果とは?

皆さんは「ビタミンC」と聞きますと、多くは「美容効果」に着目すると思い

no image
「みんな使ってるBBクリーム!流行の背景と人気の秘訣は?」

BBクリームは、もはやみんなが使っている定番アイテムになりつつあります

no image
毛穴の詰まり・黒ずみ解消にはコレ! 毛穴ケアにおすすめのアイテム

「なんだか最近、肌のざらつきが気になる…」「ぽつぽつとした黒ずみが目立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑