*

目が焼けると肌も焼ける!?今年の夏は目の紫外線対策を考えよう!

公開日: : 最終更新日:2017/11/07 目の症状・病気, 美容 ,

紫外線が目に悪影響というのはご存知でしょうか?

紫外線は3月から増え始め、8月にピークを迎えます。

しかし、それはその時期に多いというだけで、

私たちは1年中紫外線に晒されているのです。

最近では美白ブームが長く続いていることもあり、

肌への日焼け対策をしている人は多くいます。

しかし、紫外線は肌だけではなく、目にも大きな影響を与えているのです。

スポンサードリンク

日差しを浴びるのは悪いこと?

では、なぜ紫外線は目に悪いとされているのでしょう。

それは、長時間、紫外線を受けてしまうと、

角膜が炎症を起こしてしまうためなのです。

長時間、外にいて日差しを浴び続けたときに目が赤くなったり、

痛くなったりしますよね。それが炎症を起こしているということです。

目が炎症を起こすと、「充血」や「疲れ目」、果てには「白内障」などにも

繋がってしまいます。本来、目は少しくらいの紫外線なら防ぐ力が備わっています。

ですので、適度に日差しを浴びるのは決して身体に悪いわけではないのです。

しかし、強力な紫外線を浴び続けることでダメージが蓄積され、

徐々に保護する力が弱まっていくのです。

また、眼球の中にあるレンズの役割をする「水晶体」も紫外線によって

白く濁っていくことが分かっています。

スポンサードリンク

水晶体は一度濁ると元には戻りませんから、だんだん濁りが濃くなっていくだけです。

ほかにも、いくら肌を日焼け止めなどで守ったとしても、

目も対策していなければ実は意味がないのです。

あまり知られてはいませんが、目から紫外線を受けただけでも、

身体が日焼けをしたと勘違いし、

日焼けの原因となるメラニン色素を生成してしまいます。

こういったことを予防するためには、紫外線が目に入ることを防ぐしかないのです。

目の紫外線対策にはサングラスが最適!

目の日焼け対策として最もおすすめなのはサングラスをかけることです。

長時間の屋外での活動やドライブの際にはサングラスをかけると、

目へのダメージをかなり軽減することができます。

特に、紫外線カットできるタイプのサングラスがよいのですが、

選ぶ際には色が薄いサングラスにしたほうがよいでしょう。

暗い場所だと光を多く取り込もうとして瞳孔が大きく開きますよね。

それと同じく、色が濃いサングラスだと光を取り込もうとして瞳孔が開いてしまい、

紫外線を多く吸収してしまうそうです。

最後に

日常生活ではなかなか使用しにくいかもしれませんが、

大切なのはダメージを蓄積させないことです。

ですので、せめて長時間ドライブする予定のある日や、

外でのレジャーのときだけでもサングラスを使用して、

紫外線対策を行っていきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

目薬の差し方

目薬の正しい差し方!コツを知って効果を最大限に!

何を今さら!?という話題かもしれませんが、 「目薬の正しい差し方」ってご存知でしょうか!?

記事を読む

no image

長年続く韓国化粧品のブーム!!!

数年前、日本では韓国化粧品のBBクリームが大流行しました。 韓国のさまざまなメーカーからいろい

記事を読む

no image

眉ひとつでイメージチェンジ?眉メイクで知って得するテクニックのまとめ!

眉毛は、メイクの中でもちょっとのコツで大幅に顔の印象を変える要素です。 というのも、角度、濃さ

記事を読む

no image

目の痛みがうつを引き起こす!?「疲れ目」はその日のうちに治すべき!

長時間のパソコンや読書などで目に負担をかけていると、 目の奥がずきずきと痛んだり、 目の周りが

記事を読む

no image

小顔と骨盤に関係が!?家にあるバスタオルでごろごろしながら小顔効果!

  顔が大きいと悩む方…少なくないと思います。 「でも顔は骨格の問題だから…」と諦めて

記事を読む

no image

どんなメイクにも対応できるベースメイク術を身に着けよう!

メイクは日々、使う人の努力によって進化してきました。 今では新しいメイクで流行っているものはト

記事を読む

no image

毛穴ケアで役立つ毛穴パック、間違えると大変!使用上の注意点は?

皆さんの中にも毛穴が目立ってしまう箇所はありますよね? 例えば鼻の頭や鼻全体と言ったように、毛

記事を読む

no image

明日から使える若く見えるためのチーク術!

どれだけ美容を心がけても年を重ねることにはいつか限界が来ます。 それでも、性格さえ若ければ何と

記事を読む

no image

ベビーオイルで全身美容しませんか?

当然ですが、皆さんはベビーオイルをご存知でしょうか? 肌が敏感な赤ちゃんのために作られたオイル

記事を読む

no image

暇な時間に自宅で出来る体操で、下半身をスタイル抜群にしましょう!

女性は男性に比べて体の構造が太りやすくなっているので、 スラッとしたパンツを履きたくても努力を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これでわかる!漢方医学 第二回 ~西洋医学と東洋医学・漢方医学の違い~

第二回目の今回は、漢方医学の「西洋医学と東洋医学・漢方医学の違

これでわかる!漢方医学 第一回 ~漢方医学の歴史~

「漢方医学」についてわかりやすく解説をしていきたいと思います。

no image
犬のダイエット〜深刻なペットの肥満問題

現代社会でペットの肥満は 人間と同様、深刻な問題。 うちの子達、ビー

no image
エッセンシャルオイルの使い方や効能〜レモンオイル編

レモンが私達の身体に良い事は 皆さんもご存知だと思いますが、 なんとレ

no image
エッセンシャルオイルの使い方と効能〜ペパーミントオイル編

ガムや歯磨き粉でお馴染みの ペパーミントですが、 スペアミントとウオー

→もっと見る

    PAGE TOP ↑